[ページの先頭]

[ここから本文]

飲料水貯水槽等維持管理状況報告書について

【問い合わせ】生活衛生課環境衛生係(電話:03-3463-2287)

飲料水貯水槽等維持管理状況報告書

東京都では、毎年、ビルの所有者・管理者から給水設備の自主点検の記録「飲料水貯水槽等維持管理状況報告書」 の提出を求めています。水道法に基づく簡易専用水道の検査については、「飲料水貯水槽等維持管理状況報告書」 の提出および東京都または 特別区の立入検査をもって、受検したものとみなしています。

内容

人の飲用、炊事用、浴用その他人の生活用に水を供給する場合は、水道法の水質基準に適合する水を供給することが 規定されたため、給湯設備についても、貯湯槽の点検、清掃など適切な維持管理を実施することが必要になりました。 このため中央式の給湯設備などがある場合、その有無について記入します。また、 毎月の点検や水質検査、清掃などを実施し記録を残してください。

報告

飲料水貯水槽等維持管理状況報告書には、毎月の点検結果を記入するとともに、過去1年分の水質検査結果の写しおよび 11月分の残留塩素濃度等の記録を添付し、毎年12月にビル衛生検査係又は所管の保健所へ報告してください。
なお、ビル衛生管理法第5条第4項に該当する「もっぱら事務所の用途に供される特定建築物」についても、 平成15年度より報告が必要となりました。

報告書送付先

渋谷区内の、延べ床面積が10,000平方メートルを超える特定建築物

〒169-0073 新宿区百人町3-24-1
東京都健康安全研究センター広域監視部建築物監視指導課ビル衛生検査係第4班(電話:03-5937-1062)へ郵送

渋谷区内の、延べ床面積が10,000平方メートル以下の特定建築物

〒150-8010(住所不要)渋谷区役所生活衛生課環境衛生係へ郵送
(注)窓口・ファックス(03-5458-4943)でも可

送付する書類

PDFファイルを見るには、Adobe社から無償配布されている Adobe Reader などのソフトウェアが必要です。
詳しくは、PDFファイルをご覧になるにはのページを参照してください。

報告期日

毎年12月1日〜15日