[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成29年6月20日

渋谷区の保育園で働こう

【問い合わせ】 職員課人事係(電話:03-3463-1379)

先輩保育士にインタビュー

保育園の魅力を知っていただくため、先輩職員にインタビューしました。
職員の経験・体験を通じて、保育士の仕事内容ややりがいをご紹介します。

インタビューの内容

  1. 渋谷区を選んだ理由、渋谷区の魅力や感じたギャップ
  2. 現在の担当年齢及び一日の業務の流れ(注)勤務している保育園はインタビュー当時のものです。
  3. 保育士になって大変だと感じることや、やりがいを感じるとき
  4. これから渋谷区の保育士になろうとしている後輩たちへのメッセージ

平成28年度入区保育士(大向保育園勤務)

保育士の写真

  1. 渋谷区にはにぎやかで都会的な場所と商店街のある下町の複数の面があります。それぞれの保育園で地域の特性を活かした保育をしてみたいと志望に至りました。実際に働いてみるとお散歩で行く近くの松濤公園で亀や鯉を見つけたり、冬は霜柱を見つけて触ってみたり、近隣の方とすれ違うと挨拶をしたりとあたたかい環境に気づきます。
  2. 現在1歳児クラスを担任しています。子どもが登園してくると保護者と子どもの様子を共有し、受け入れて遊びを見守ります。子どもたちが快く過ごせるような配慮をしながら食事を見守ったり食べさせたり、お昼寝の時には子どもたちに寄り添い子守唄を歌います。1歳児ですが階段を上り、屋内園庭の滑り台等で遊ぶため、環境の安全を考えながら保育をしています。他にもお昼寝の時間に連絡帳や保育日誌を書いたり、職員同士の打ち合わせを行ったり、園だよりの作成等を行います。行事前には係で計画を立て、準備をすることもあります。
  3. 特に大変なことは子どもたちの心に常に寄り添い続けることです。進級児・新入園児が半数ずつのため、1人1人が安心して過ごせるように配慮することがとても大変です。その分、子どもたち1人1人と向き合い、出来なかったことが出来るようになったり、私から発信したことに反応を示してくれたり、子どもたちから発信があることはとても嬉しく、また子どもたちから日々たくさんの事を教わり自分が成長していけることにもやりがいを感じます。
  4. 保育士は、未来を担う子どもたちの大切な時間を共に過ごすことのできるかけがえのない職業です。思っていたことと違うこと、うまくいかなくて悩むことも沢山あると思いますが、向き合い乗り越えられた時に見る子どもたちの笑顔に、頑張ってよかったなと感じることができます。先輩保育士はとても丁寧に教えてくださるので安心して働くことができます。ぜひ渋谷区の保育士として一緒に働きましょう。

保育士の写真

平成27年度入区保育士(笹塚第二保育園勤務)

保育士の写真

  1. 渋谷区というと都会的な印象を持っていましたが、地域によって様々な街並や雰囲気があり、公園も多く"都会的な場所"と"自然があふれる場所"のある環境に魅力を感じました。そのような地域で保育者として子育てに携わりたいと思い渋谷区を選びました。入区後には緑の多さや子どもたちが楽しめる様々な施設があることを知り、今まで以上に魅力を感じました。
  2. 5歳児クラスの担任をしています。朝、子どもが登園してきた後は、保護者との会話の中で一人ひとりの体調管理を行い、外遊びを楽しんだり、活動内容に応じて製作、描画や楽器演奏、歌を歌うなど、5領域にわたる活動を行います。園外に出て近隣の公園で遊んだり、地域の高齢者施設へ行き交流を楽しむこともあります。昼食は子どもたちと楽しく会話をする中で食育を行っています。子どもたちが休息をとった後の降園時には保護者とコミュニケーションを取り一日の様子を伝えます。
  3. 子どもたちの健康・安全が何よりも大切です。変化に気づけるよう常に意識し、危険な場所、ものを先読みして安全管理を徹底しなければなりません。とても神経を使う仕事です。子どもたち自身が危険を感じ取る力を身につけるよう働きかけることも大切です。その中で子どもたちが伸び伸びと生活をし、「この遊び楽しかった!」「できるようになれて嬉しい!」と充実感を得、保育園での生活を笑顔で楽しんでくれている姿を見ることに保育という仕事の大きなやりがいを感じます。
  4. 決して楽な仕事ではありませんがとても楽しいやりがいのある仕事です。子どもたちが初めて出会う"先生"として素敵な先生を目指してください。渋谷区の保育士、渋谷という街の子育てを担う一人として一緒に頑張りましょう。

保育士の写真

平成26年度入区保育士(富ヶ谷保育園勤務)

保育士の写真

  1. 私は以前から子育てを経てもずっと保育士として働きたいと考えていたので公立園を志望していました。その中でも渋谷区を選んだ理由は、渋谷区が子育て支援に力を入れていると聞いたからです。都会の印象の強い渋谷区ですが、大人も子供も楽しめる緑いっぱいの公園がたくさんあるところが魅力的だと感じます。
  2. 4歳児クラスの担任をしています。朝の受け入れから始まり、午前中は子どもたちと散歩へ行ったり、製作、うた、運動遊びなどを通して様々な経験ができるよう日々考えて保育を行っています。また、給食、おやつの援助をしたり、子どもたちのお昼寝中は、連絡帳や日誌の記入など欠かせない業務があります。そして、預かった子どもたちを無事に保護者の元へお返しし、一日が終わります。行事の担当になると他の職員と協力し、空いている時間に打ち合わせを行うこともあります。
  3. 子どもの成長をそばで見ることが出来たり、「できたね!」と抱きしめ、喜びを一緒に共有することにやりがいを感じます。また、何かに対して一生懸命に頑張る姿、喜びを素直に表現する姿などを通し、改めて大切なことを子どもたちから教えてもらえることにも気づきます。「先生大好き」という言葉を聞くと、本当に保育士でよかったと嬉しい気持ちでいっぱいになります。
  4. 働いてみると悩みや大変だと感じることもあるかと思いますが、頼りになる先輩、同期が助けてくれます。保育士だけでなく調理師や用務の方々も含め、園全体で協力し、皆で子どもたちを見ているという思いが強いことが渋谷区保育園の特長です。「せんせ〜い!」と笑顔で呼んでくれる子どもたちは本当にかわいいですよ。ぜひ、渋谷区で一緒に働きませんか?

保育士の写真