[ページの先頭]

[ここから本文]

しぶやフォト日記 平成28年(2016年)2月

【問い合わせ】広報コミュニケーション課広報広聴係(電話:03-3463-1287)

平成28年2月26日 第9回渋谷「大好き」写真コンテスト入賞作品展を開催しています

会場の様子

一般公募(応募期間:平成27年9月1日〜11月13日)による写真コンテスト入賞作品を展示しています。区内外から多数の作品が寄せられ、2月5日には、表彰式が行われました。作品展では「グランプリ」をはじめ、新設の「教育長賞」など、入賞作品37点の力作を見ることができます。作品に写しこまれた渋谷の多彩な魅力をご鑑賞ください。
【会期】平成28年2月29日(月曜日)まで(9時〜20時)(注)最終日29日は12時まで
【場所】文化総合センター大和田2階 ギャラリー大和田

平成28年2月25日 手話パフォーマンス「はーとふる・はんど」の活動を長谷部区長が表敬訪問しました

会場の様子

耳の聞こえない人達と一緒に「手話」を主体としたダンスや歌、芝居などをすることで、障害者と健常者の垣根を外し、心のバリアフリーを目指し活動している手話パフォーマンス「はーとふる・はんど」の活動を長谷部区長が表敬訪問しました。
芝居の稽古の合間に訪れた区長からは、「渋谷区は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催会場でもあり、中でもパラリンピックを応援していきたいと考えています。皆さんの活動自体が障害者への理解を深めることにつながっていくのでこれからも頑張ってください」とエールが送られました。
はーとふる・はんど主宰の山辺ユリコさんは、「少しでも障害者の皆さんの力になれたらと始めた活動でしたが、多くの皆さんの支えでここまで継続することができました。これからも頑張って続けていきたいと思います」と挨拶し決意を新たにしているようでした。
この日は、山辺さんと友好のある、渋谷区くみんの広場実行委員会実行委員長でもあるタレントの井上順さんら関係者も多数集まり記念撮影も行われるなど、和やかな稽古となりました。「はーとふる・はんど」の今後の活動が期待されます。

平成28年2月19日 ふれあい植物センターで企画展示「進化した植物:ラン」開催中です

会場の様子

世界中の地域で独自の進化を遂げたラン科の植物を約70品種、約100株を展示しています。美しい花の色やバリエーション豊かな咲き方のほかに、根っこを鉢の外に出して勢いよく伸びる姿や不思議な生態などもランの魅力の一つです。干支にちなみ、花が動物のサルの顔に見える「モンキーオーキッド」(写真右上)の展示もあります。ふれあい植物センターで鮮やかなランの世界を楽しんでみてはいかがですか。
【会期】2月28日(日)まで
【注意事項】

  • 花に触れるのはご遠慮ください。
  • 生花のため、必ずしも全種類が開花しているとは限りませんのでご了承ください。
  • 販売は行っていません。

平成28年2月15日 きれいなまちづくり功労者・協力者感謝状授与式がありました

会場の様子

この表彰は「きれいなまち渋谷をみんなでつくる条例」に基づき表彰を行うもので、きれいなまちづくりの活動において顕著な功績をあげ、区の美化推進活動の発展に大きく寄与いただいた個人・団体を表彰するものです。
今年度は、特別功労者1人、功労者12人・2団体、協力者10人・8団体が表彰され、区長より感謝状が授与されました。

平成28年2月12日 平成28年度渋谷区当初予算案の概要を発表しました

会場の様子

平成28年度渋谷区当初予算案の記者会見を美竹の丘 しぶやで行いました。
平成28年度の財政規模は、一般会計前年度比1.4%減の845億5,200万円となりました。
主な事業として、「コミュニティFM広報番組制作・放送」、「避難所等備蓄食料品のアレルギーフリー化、犬猫用ペットフード備蓄」、「オリンピック・パラリンピック気運醸成事業」などを発表しました。
「コミュニティFM広報番組制作・放送」は、区内で新たに開局するコミュニティFMを情報発信手段として活用し、区政情報などの情報発信を強化していくとともに、区民参加型番組を放送することで、地域コミュニティの活性化を促すものです。
「避難所等備蓄食料品のアレルギーフリー化、犬猫用ペットフード備蓄」は、避難所にアレルギーフリー食を3日分備蓄し、さらにはペットとの同行避難を考慮し、犬猫用のペットフードを新規配備するものです。
また「オリンピック・パラリンピック気運醸成事業」は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を契機に障害者スポーツ選手の支援や「観るスポーツ」を推進し、障害者への理解と新たな価値観を創造するものです。
長谷部区長からは「これまでの手厚い福祉と教育を継承しながら、成熟した国際都市を目指して新たなステップに踏み出していく事業となっている」と述べられました。
詳しい内容は、平成28年度渋谷区当初予算案の概要をご覧ください。

平成28年2月5日 イタリア、レッジョ・エミリア市 乳幼児教育研究機関の職員が表敬訪問しました

会場の様子

「レッジョ・エミリア・アプローチ」とは、イタリア北部のレッジョ・エミリア市の幼児教育において長年実践されている教育方法の1つで、1999年にアメリカ『Newsweek』誌で取り上げられ、高い評価をされて以来、最近はより一層世界的に注目されるようになってきました。
「教育はすべての子どもの権利であり、コミュニティの責任である」という言葉に始まり、子ども達一人ひとりの考えを大切にしながら、個々が持つ感性を生かすため、様々な手法を通じて子どもの想像力・創造力を高めることを目指しています。今回の訪問では、その幼児教育指針やレッジョ・エミリア市の乳幼児教育の成り立ちを綴った書籍が長谷部区長に手渡されました。

平成28年2月1日 鹿児島市から桜島大根が贈られました

会場の様子

鹿児島市の特産品である桜島大根がかごしま親善大使である後野有香さんと鹿児島市東京事務所より贈られました。
桜島大根はギネスブックにより認定された世界一重い大根で、大きいもので30kgを超えることもあると言います。大きさもさることながら甘みがあって柔らかいのが特徴です。まさにこの寒い時期に収穫されます。初めて桜島大根を手に取った長谷部区長は思わず「重たい」と声に出ていました。
贈られた桜島大根は2月5日から渋谷区スポーツセンターの食堂でメニューとして提供されます。