TLS1.0/1.1の無効化およびTLS1.2への切り替えについて

  • 更新日:
    令和2年9月11日

【問い合わせ】広報コミュニケーション課広報係(電話:03-3463-1287、FAX:03-5458-4920)

インターネット通信におけるセキュリティ対策の強化を目的として、令和2年9月29日より、現在使用している暗号化通信プロトコル「TLS1.0」および「TLS1.1」を無効化いたします。これに伴い、一部のブラウザにおいて区ウェブサイトのご利用に影響が発生する可能性があります。対象となる環境をご利用の場合は、「TLS1.2」を利用する暗号化方式への設定変更をお願いします。

影響

ご利用のブラウザが「TLS1.0」または「TLS1.1」のみを有効にしている端末、または、TLS1.2 の暗号化通信について非対応である端末からは区ウェブサイトの閲覧ができなくなります。

ブラウザの設定

「TLS1.2」を使用するように、ブラウザの設定変更をお願いします。ご利用のブラウザによって設定方法が異なりますので、詳しい仕様については各ブラウザの設定変更方法をご確認ください。

設定変更例:Internet ExplorerでのTLS1.2の有効化方法

基本的な操作方法をご紹介します。

  1. Internet Explorerの[ツール]メニューの[インターネット オプション] をクリックする。
  2. [インターネット オプション]ダイアログ ボックスの[詳細設定]タブをクリックする。
  3. [セキュリティ]カテゴリで、[TLS1.2の使用]チェックボックスをオンにする(使用可能な場合)。
    (注)連続するバージョンを確認するのが重要です。連続するバージョンを選択しないと(例:TLS1.0およびTLS1.1を選択し、TLS1.2を選択しない等)、接続エラーが起こる可能性があります。
  4. [OK]をクリックする。
  5. 終了し、Internet Explorerを再起動する。