ヤマハ株式会社との協定

  • 更新日:
    平成31年4月12日
【問い合わせ】経営企画課経営企画係・企画調整主査(電話:03-3463-1191)
 

平成30年5月21日(月曜日)、渋谷区は、区内に2つのグループ会社を展開するヤマハ株式会社と、地域の社会的課題を協働して解決していく「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」を締結しました。
調印の際、中田卓也ヤマハ株式会社代表執行役社長からは「若者の街、文化発信の中心地である渋谷とヤマハは古くからお付き合いがあり、当社は渋谷から音楽文化発信の一翼を担ってきました。今後も、渋谷の皆さんとこの地域の価値をさらに高めていくために、音・音楽を通じてサステナブルな街づくりをサポートしていきたいと思います。」と話があり、長谷部区長からは「この度の協定締結により、ストリートカルチャーやナイトカルチャーの活性化など、音楽・エンターテイメント分野を広げる力を渋谷のまちに注いでいただければ。」との話がありました。
今後、この協定に基づき、街づくりや地域コミュニティの活性化に関する支援、次世代育成に関する支援など、さまざまな分野における課題解決に協働して取り組んでいきます。

協定分野の概要

  1. 街づくりや地域コミュニティの活性化に関する支援
  2. 次世代育成に関する支援
  3. 文化振興に関する支援
  4. 多様性(ダイバーシティ)の実現に関する啓発活動の支援
  5. 災害対策に関する支援
  6. その他の支援 人材開発及び研修プログラム等における人的交流の検討

シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定書(PDF 50KB)
PDFファイルを見るには、Adobe社から無償配布されている Adobe Reader などのソフトウェアが必要です。
詳しくは、PDFファイルをご覧になるにはのページを参照してください。
 

協定に基づく取り組み

事業 取り組み内容 実績
プログラミングで歌作り こども科学センター・ハチラボでのプログラミングワークショップ実施 平成31年3月