幡代小学校でキャリア教育支援が実施されました

  • 更新日:
    令和3年2月16日
【問い合わせ】経営企画課経営企画係・企画調整主査(電話:03-3463-1191

令和3年1月23日(土曜日)に、ボッシュ株式会社と株式会社みずほ銀行によるキャリア教育支援が行われました。幡代小学校6年生の児童が社会で活躍している方達からお話を聞き、働くことや仕事について考えることを目的として実施されたものです。
ボッシュ株式会社による授業では、社員から会社の成り立ちや業務内容などについてクイズを交えながら説明があり、子ども達は積極的にクイズに参加していました。さらに、社員のセルフ・イントロダクションでは子どもの頃の夢や趣味・特技なども紹介があり、色々な質問が挙がっていました。
後日、子ども達からは「仕事は疲れるものというイメージしかなかったが、楽しいと感じることもあると聞き頑張りたいと思った」「仕事に直接関係がないものでも、特技や趣味を持つことは大切だと知り、色々なことに挑戦したいと思った」という前向きな感想が挙がり、将来について考える良い機会になったようです。
株式会社みずほ銀行による授業では、行員から銀行の業務内容や社会的役割などの説明があり、子どもたちはお金を預かることの責任感や、お客様からの信用を得ることの重要さを感じられたようでした。
さらに、「一緒に働く人にも思いやりを持って接することで、困ったときに助け合える仲間となる」「お客様に信頼してもらうために、約束を守ることや相手を良く知ることが大切」といった、仕事の場面に限らず普段の学校生活にも役に立つお話をいただき子ども達も真剣に聞き入っていました。
感染症拡大防止の観点からオンライン授業となりましたが、講師と上手にコミュニケーションを取りながら子ども達は学習に取り組んでいました。今回のキャリア教育支援授業を通じて、よく知らなかった身近な仕事に関する理解を深めるとともに、「はたらくってどういうこと?」を子ども達一人ひとりが考えるきっかけになったようでした。
幡代小学校体育館で生徒がボッシュ株式会社担当者からキャリア教育支援を受けている様子写真
幡代小学校体育館で生徒がみずほ銀行担当者からキャリア教育支援を受けている様子写真
キャリア教育支援オンライン授業の様子写真
キャリア教育支援オンライン授業の様子写真