神宮前小学校でキャリア教育支援が実施されました

  • 更新日:
    平成31年3月5日

【問い合わせ】経営企画課経営企画係・企画調整主査(電話:03-3463-1191)

2月26日(火曜日)、神宮前小学校でボッシュ株式会社によるキャリア教育授業が実施されました。
神宮前小学校の6年生は、総合的な学習の時間の中で、将来の夢や仕事、自分の生き方などについて1年を通じ様々な角度から考えてきました。
グローバル化が加速する将来、子どもたちが国際的な環境で働いたり、留学したりすることも増えてくるだろうという視点から、ボッシュに支援をいただく運びとなりました。
当日はボッシュ社員のDavid Beyer氏、Sylvia Mirau-Nakano氏、Tong Bu氏、角谷清彦氏にお越しいただきました。
冒頭にコーポレート・コミュニケーション部の佐伯氏から、企業の特色や創業ヒストリーについて紹介いただいた後、お一人ずつ、ご自身の生い立ちやなぜ日本のボッシュで働いているかといったことをお話しいただきました。
その後は簡単なパネルディスカッションが行われ、自分自身がグローバルコミュニケーションで大事にしていることとして、「違う国・文化の人と接するときには、相手の話をよく聞くだけではなく、理解すること」「相手をリスペクトすること」などという話があり、また子どもたちには「ぜひ英語を勉強して、海外に出て勉強して欲しい」というメッセージが贈られました。
最後、グループに分かれての質問タイムでは、「どんなお仕事をしていますか」「どうしたら努力をし続けられますか」といった質問が子どもたちから寄せられました。
子どもからは「将来の夢を考える中で、なりたいものが分からず不安になることがあったけれど、今日のお話を聞いて、不安を解消できる言葉をたくさん聞くことができました。」という感想があり、みなさんのメッセージが心に響いたようでした。