職員の懲戒処分について

  • 更新日:
    令和4年11月18日

【問い合わせ】人事課人事係(電話:03-3463-1349)

このたび、重大な法令違反に該当する職員の公務外非行(準強制性交、詐欺)が発覚いたしました。当該職員を厳正に処分するとともに、全職員に対して綱紀粛正に努めるよう厳重に注意いたしました。区民の皆さまには心から深くお詫び申し上げます。
地方公務員法の規定に基づき、次のとおり懲戒処分を行いました。

概要

当該職員は、交際していた女性に睡眠薬を混入した飲み物を飲ませて意識を失わせ、性的行為に及んだことにより、令和4年10月11日に逮捕され、警察・検察の取調べに対し被疑事実を認めている。
本件は、刑法第178条の準強制性交に該当する社会的に許されない行為であり、地方公務員法第33条(信用失墜行為の禁止)に抵触するため、懲戒処分とした。
また、当該職員は、虚偽の書類を居住地の豊島区に提出し生活困窮者自立支援金を詐取したとして、同年11月7日に詐欺容疑で再逮捕された。

処分を受けた職員

福祉部生活福祉課 係員 石川隼大 29歳

処分内容

免職

処分年月日

令和4年11月18日