今年の「くみんの広場」は 11月3・4日に開催します【しぶや区ニュース平成30年(2018年)11月1日号12面

  • 更新日:
    平成30年11月14日

(しぶや区ニュース平成30年11月1日号12面より抜粋)

こんにちは、長谷部健です。暑かった夏も過ぎ、すっかり秋が深まってきました。スポーツの秋、読書の秋、食欲の秋などといろいろありますが、区民の皆さまもそれぞれの秋を満喫されていることと思います。  
ここ最近、区内の行事に出席していると、多くの方から「渋谷は変わってきていますね」と声を掛けていただきます。その多くは、渋谷駅周辺の開発をイメージされているかと思います。実際、9月には渋谷ストリームがオープンし、渋谷川周辺が整備され、渋谷から恵比寿・代官山へと新しい回遊ルートが生まれました。今後、渋谷で一番背が高いビルとなる渋谷スクランブルスクエアが出来上がり、駅もリニューアルし、開発は桜丘町方面へと進んでいきます。2020年以降も工事は続いていきますので、渋谷駅周辺は都市としてまだまだ変化や進化を続け、発展していくことになります。当面の間、工事の影響で不便も生じてしまうかと思いますが、住む人にも働く人にも遊びに来る人にも、多様な方々に愛される、世界に誇れる都市として、その歩みを着実に進めているところです。  
渋谷区は現在、「ササハタハツ」、すなわち笹塚、幡ヶ谷、初台の京王線沿線のまちづくりにも力を入れています。大きなテーマとして水道道路と玉川上水旧水路緑道について、そのあり方を研究しており、「ササハタハツ・フューチャーセッション」という対話型のワークショップを開催しています。「水道道路でスポーツをしたい」「緑道でバーベキューをしてみたい」など、行政ではなかなか思いつかないようなアイデアも集まってきています。緑道は長さ2・6kmもあります。点ではなく線で考えてみると、また新しいアイデアも浮かんでくるのではと思います。未来のササハタハツのために、ぜひアイデアやご意見をお寄せください。  
最後に、特殊詐欺についてお願いがあります。区からの還付金の返還等についての電話は詐欺です。くれぐれもご注意ください。区内の犯罪発生件数は減少傾向ですが、特殊詐欺については残念ながら増加しています。9月15日号のしぶや区ニュースにおいて、区内の防犯協会会長の皆さんのお話でも挙がっていましたが、お一人お一人が当事者意識を持ち、家族や街が一体となった防犯対策を続けていくことが大切です。おかしいな、と少しでも思ったら、遠慮なく警察にご連絡ください。もちろん区役所でも結構です。ご自身で抱えずに、ぜひご相談ください。被害を無くしていくために、どうぞよろしくお願いいたします。