しぶやフォト日記

【問い合わせ】広報コミュニケーション課広報係(電話:03-3463-1287、FAX:03-5458-4920)

令和3年7月27日 渋谷区子育てネウボラ開設式を行いました

渋谷区子育てネウボラ開設式を行いました

(注)写真撮影時のみマスクを外しています。

渋谷区子育てネウボラは、「出会う、集う、語る、 つながる。地域みんなでこどもを育てる」というコンセプトのもと、子育てをする家庭が不安なく喜びの多い子育てができるよう、保健師を中心に渋谷区がサポートを行う仕組みです。
施設内では子育て相談だけでなく、親子同士の交流の場や地域の子育て支援情報などを提供しているほか、ひらめきや出会いの場となるアトリエ、木の香りに包まれてゆったり遊ぶことのできる子育てひろば、多世代が居心地よく過ごし、緩やかにつながりあうコミュニティーカフェがあるほか、乳幼児健診や専門相談も行われます。
ネウボラ(neuvola)はフィンランド語のアドバイス・相談を表す(neuvo)と場所を表す(la)から成る言葉で「相談・アドバイスの場」を意味しています。区施設にこの言葉が用いられたことについて駐日フィンランド大使のペッカ・オルパナ氏から「渋谷区の子育て家族を支える施設名にネウボラという言葉が使われて非常にうれしく思っています。施設が区民のみなさまに長く愛される場所になりますよう願っています。」とお言葉をいただきました。

令和3年7月19日 長谷部区長が新型コロナワクチンを接種しました

長谷部区長が新型コロナワクチンを接種しました

7月19日(月曜日)長谷部区長が「NHK渋谷フレンドシップシアター」で、1回目の新型コロナワクチンを接種しました。
この会場ではNHKが新しい映像技術「8K」によるオリンピック・パラリンピックのパブリックビューイング中継を予定していましたが、今回、渋谷区のワクチン接種会場として利用できることになりました。約700平方メートルの会場では、接種後の経過観察中にパブリックビューイング用の特大8Kモニターを活用した映像を観ることができ、まるで3D映像のような奥行きのある動画をご覧いただけます。場所は国立代々木競技場第二体育館南に位置しており、ケヤキ並木から入場できます。9月30日までの毎日、時間は8月3日までが16時~20時、8月4日からは10時~20時まで、ファイザー社製の新型コロナワクチンを接種できます。
8月3日からは集団接種会場として幡ヶ谷社会教育館でも接種が始まります。新たに加わった2つの会場は会場内が広く接種可能時間も長いため予約が取りやすくなっております。ぜひ、ご利用ください。

令和3年7月9日 新型コロナワクチン接種に関する記者会見を行いました

新型コロナワクチン接種に関する記者会見を行いました

新型コロナワクチン接種に関する記者会見を行いました。この会見で長谷部区長は、現在の渋谷区の接種状況と今後の見通しについて説明するとともに、集団接種会場を新たに2カ所開設することを発表しました。

渋谷区の接種状況は令和3年7月8日現在、65歳以上の人の1回目の接種率が75.9%、2回目は50.7%となっており、7月中には2回目の接種も75%近くに到達する見込みを立てています。接種スケジュールについては、6月30日に12歳~64歳の対象者に接種券を発送し、7月8日から7月20日にかけて段階的に年代別に予約の受付を開始しています。

また、接種会場については、これまでの5カ所の集団接種会場に加えて、「NHK渋谷フレンドシップシアター」と「幡ヶ谷社会教育館」の2会場を新たに開設します。
NHKから無償で提供を受けた「NHK渋谷フレンドシップシアター」は国立代々木競技場第二体育館南に位置しており、接種規模が1日最大約1,600回の大型会場になります。7月12日から予約を開始し、7月19日から接種を受けることができます。一方、「幡ヶ谷社会教育館」は住民が多いエリア、水道道路に面した立地で、夕方から夜間にかけての接種に特化しています。7月20日に予約を開始し、8月3日から接種を受けることができます。
いずれの施設もハチ公バスなど区内交通機関での利便性がよい場所にあり、多くのご利用に応えられる会場となっています。9月30日までの期間は毎日20時まで、学校終わりや就労後の時間帯でも接種することができます。
(注)幡ヶ谷社会教育館は月曜日休館です。

長谷部区長は、「希望されるかたが1日でも早く接種できるよう準備を進めてきて、接種会場やワクチンの確保を含め、必要と見込む24万回分の接種体制を何とか整えることができました。新たな接種会場についても多くのかたに利用していただき、64歳以下の区民の皆さまへの接種を加速していきたいです。」と話しました。

関連ページ

令和3年7月2日 東京都議会議員選挙の期日前投票は7月3日20時までです

東京都議会議員選挙の期日前投票は7月3日20時までです

6月26日(土曜日)から区役所本庁舎1階で、6月27日(日曜日)から地域交流センター上原など区内4カ所で東京都議会議員選挙の期日前投票を行なっています。期日前投票は7月3日20時までです。期日前投票を利用する場合は、入場整理券の裏面の「期日前投票・不在者投票請求書」に必要事項を記入し、投票用紙の交付を受けて投票してください。紛失・未着などにより入場整理券が手元にない場合は、期日前投票所に備え付けの「期日前投票請求書」に記入して投票用紙の交付を受けることができます。
今回の選挙では、手指用消毒液の設置や従事員のフェイスシールド着用、飛沫防止シートの設置など新型コロナウイルス感染拡大防止に取り組んでいます。有権者の皆さまには、咳エチケット(マスク着用など)や筆記用具(鉛筆・シャープペンシルなど)持参などのご協力をお願いします。 

期日前投票所 日時
区役所本庁舎1階 6月26日(土曜日)~7月3日(土曜日)8時30分~20時
地域交流センター上原 6月27日(日曜日)~7月3日(土曜日)8時30分~20時
幡ヶ谷社会教育館
千駄ヶ谷社会教育館
リフレッシュ氷川

令和3年7月1日 スマートニュース株式会社と「新型コロナウイルスワクチン接種に関する連携協定」を締結しました

スマートニュース株式会社と「新型コロナウイルスワクチン接種に関する連携協定」を締結しました

スマートニュース株式会社が新型コロナワクチンの職域接種を開始するに際し、渋谷区民や区内の就業者などに対してもワクチン接種を実施することとなり、これに関する協力体制についての協定を締結しました。

締結式において、長谷部区長は、「職域接種に渋谷区民も受け入れていただき、大変ありがたく心強く感じています。」と感謝の言葉を伝えるともに「コロナ禍の一日でも早い収束のために、自治体と企業が様々な形で協力してくことは大切」と述べられました。浜本階生共同創設者COOからは、協定締結に至るまでの経緯の説明や「会社としても個人としても渋谷は縁深く思い入れのある街です。地域住民の皆さまにワクチン接種を通じて貢献することができてうれしく思っています。」との言葉をいただきました。

スマートニュース株式会社の職域接種について、予約方法やお問い合わせなどは、職域接種予約サイト(外部サイト)をご覧ください。

(注)写真撮影時のみマスクを外しています。

令和3年6月22日 「プラスチックごみ削減の推進に係る協定」について意見交換を行いました

「プラスチックごみ削減の推進に係る協定」について意見交換を行いました

渋谷区は、ウォータースタンド株式会社と「マイボトルの利用を促すことで、プラスチックごみの削減を図ることを目的」とした協定を結んでいます。
マイボトル用給水機設置を中心に行われた意見交換会では、今後の展望について、具体的なアイデアや質問など、活発な意見が多く出されました。また、本多代表取締役より、「渋谷区民や渋谷区に遊びに来た方々に給水機をたくさん使っていただいて、使い捨て容器を使わない、ごみを出さないことを実現するために一生懸命取り組んでいきたい」との挨拶をいただきました。

(注)写真撮影時のみマスクを外しています。
 

令和3年4月27日 絵本を寄贈いただきました

絵本を寄贈いただきました

(注)撮影時のみマスクを外しております。
 
4月27日(火曜日)、ダウン症についての理解を深めるためのプロジェクトを実施したメンバーが区長と教育長に報告を行いました。
このプロジェクトは、ダウン症のお子さんを育てる松原あやかさん、田邊あゆ子さん、多田暁子さんが、ダウン症や障がいについて正しい理解を子ども達に広めていきたいと考えたことがきっかけで始まりました。そこで、「あいちゃんのひみつ」というダウン症の子どもを描いた絵本を子ども達の元に届けることで、より多くの子ども達が理解を深めるきっかけになるのではないかと考えクラウドファンディングを実施、集まった資金を使って絵本およそ150冊を渋谷区立小学校等へ寄贈しました。
区長からは「多くの子供たちに読んでもらえるよう、大切に使わせていただきます。インクルーシブという考えがもっと浸透するようにできる限りのことをしていきたいと思います。」教育長からは「とても温かい本であると同時に自然に障がいについて学ぶことができる本だと感じました。子ども達の理解が深まるきっかけになると思います。」とありました。
寄贈いただいた絵本は、区立小学校や図書館等で活用させていただく予定です。

令和3年4月16日 渋谷区シニアデジタルデビュー大使に井上順さんが就任しました

渋谷区シニアデジタルデビュー大使に井上順さんが就任しました

4月16日(金曜日)、渋谷区名誉区民である井上順さんに、「渋谷区シニアデジタルデビュー大使」に就任していただきました。井上順さんには、渋谷区の高齢者デジタルデバイド(注)解消事業への助言やPR活動にご協力をいただきます。

ウィズコロナ時代に求められる「新しい生活様式」では、スマートフォンなどのデジタル機器が生活の質(QOL)を向上させる重要な役割を担うことが期待されており、とりわけ高齢者のデジタルデバイド解消は喫緊の課題となっています。

就任式では、井上順さんから「昔から汗をかいて身体ひとつで働いてきた我々世代は機械が苦手なところがあったりします。でもこれからの日々が楽しく過ごせるように、微力ですがお力になれればと思います。」とメッセージをいただきました。
井上順さん、これからよろしくお願いします!

▶井上順さんのTwitter
@JunInoue20

(注)インターネットやパソコンなどの情報通信技術を利用して恩恵を受けられる人と、利用できずに恩恵を受けられない人との間に生ずる知識・機会などの格差

令和3年4月12日 トルコ大使が表敬訪問されました

トルコ大使が表敬訪問されました

令和3年4月8日、コルクット・ギュンゲン駐日トルコ大使が長谷部区長を表敬訪問されました。大使は3月15日に着任されたばかりとのことで、「日本を訪れるのは初めての経験で、何事も新鮮です。」とご挨拶されました。
意見交換の中で、大使からは「トルコ大使館は渋谷区にあることから、様々な分野において協力していきたいです。」とのご提案をいただきました。これに対して、長谷部区長からはトルコ大使館から渋谷区へ寄贈された貴重な図書のエピソードに触れ、これまでの貢献に感謝するとともに「今後さらなる友好関係を発展させていきたい」と答えました。
また、トルコ共和国の観光スポットについても話題になり、終始和やかな雰囲気での歓談となりました。

令和3年4月3日 チアダンスチーム「Brilliant☆Mermaid」が渋谷区長を表敬訪問しました

チアダンスチーム「Brilliant☆Mermaid」が渋谷区長を表敬訪問しました

ブリリアントマーメイドは、渋谷区を拠点に活動する、幼稚園児から高校生までで結成されたチアダンスチームです。チアダンスを通して、チアスピリット(応援・思いやり・貢献する気持ち)を大切に、活動しています。 

4月5日(月曜日)、ブリリアントマーメイドのコーチ・代表メンバーが区長を表敬訪問されました。チームのキャプテンから、3月27~28日に駒沢オリンピック公園体育館で開催された「Dance Drill Spring Festival 2021 EAST」で、DANCE DRILL部門で優勝、POM部門で第三位など、輝かしい成績を修めたことを区長に伝えました。 

チームのコーチは、「コロナで練習場所を確保することさえも困難な状況で、多くの人に助けていただいた1年でした。今まで当たり前にあった環境に対して、改めて感謝の気持ちを強く持てる良い機会になりました。」と話し、長谷部区長もその前向きな姿勢や、子どもたちの眩しい笑顔に感動し「これからも渋谷区のスポーツを盛り上げてください!」とエールを送っていました。 

▶令和2~3年の成績 

・「春チア2021」のチアダンス部門senior編成、優勝 

・ALL JAPAN CHEER DANCE CHAMPIONSHIP 2020(全国大会) POM部門 高校生編成、出場 

・USA Regionals 2021 senior編成、Spritleading部門 第3位、POM部門第3位 

過去のしぶやフォト日記

令和3年(2021年)

令和2年(2020年)

令和元年(2019年)

平成30年(2018年)

平成29年(2017年)

平成28年(2016年)