しぶやフォト日記

【問い合わせ】広報コミュニケーション課広報係(電話:03-3463-1287、FAX:03-5458-4920)

令和4年6月27日 東京山九フェニックスが総合優勝の報告に表敬訪問されました

東京山九フェニックスが総合優勝の報告に表敬訪問されました

令和4年6月27日(月曜日)、東京山九フェニックスの佐藤優奈選手(写真左)、岡田はるな選手(写真右)、四宮洋平代表(写真中央左)が、初の年間総合優勝(太陽生命ウィメンズセブンシリーズ2022)の報告のため、区役所に表敬訪問されました。
東京山九フェニックスは2013年に設立された女子ラグビーチームで、「ダイバーシティの街、渋谷発のデュアルラグビーチーム」として、選手・アスリートの活動とそれ以外の活動(進学、就職など)の両立(=デュアルキャリア)を掲げ、女子ラグビー文化の創造、発展を目指し、活動しています。
四宮代表は、「今季はチーム一丸となって挑むことで、年間総合優勝を勝ち取ることができました。チームはまだ成長途中なので、今後の活躍を楽しみにしていただければと思います。」と振り返られ、長谷部区長は「昨シーズンは2位という結果で悔しい想いをされたと思いますが、そこからチームが成長し、総合優勝を成し遂げられたことは大変素晴らしいです。今年のワールドカップも楽しみにしています。」とエールを送りました。

令和4年6月23日 リネットジャパンリサイクル株式会社との協定締結に伴う意見交換を行いました

リネットジャパンリサイクル株式会社との協定締結に伴う意見交換を行いました

(注)撮影時のみマスクを外しています。

渋谷区は、リネットジャパンリサイクル株式会社と資源の有効活用の促進のため、「使用済小型電子機器等の再資源化に関する連携協定」を締結し、具体的な取り組みとして、「宅配便による小型家電の回収事業」を開始しました。
意見交換で長谷部区長からは、「渋谷区にとってリサイクルの意識を育むことはとても重要だと認識しています。これまでの拠点回収に加えて宅配便による回収サービスを提供することは、区民の利便性が向上する良い取り組みだと感じています。渋谷が国際都市として成熟していく段階に入っている今、街の活力として民間の皆さまと協同していくことは大変重要なことであり、心強いパートナーが増えたと感じています」との挨拶がありました。
リネットジャパンリサイクル株式会社の黒田代表取締役会長からは、「行政サービスの一環として行う宅配便を利用したパソコン含む小型家電の無料回収を通じて、都市鉱山(小型家電に含まれる資源)のリサイクルと、パソコンの解体工程で知的障がいを持つ方の雇用を生み出す、地域密着型での環境と福祉の連携という2つのムーブメントを渋谷から発信し全国に拡げていきたい」とのご挨拶をいただきました。

令和4年6月23日 参議院議員選挙の期日前投票が始まりました

参議院議員選挙の期日前投票が始まりました

6月23日(木曜日)から区役所本庁舎1階で、参議院議員選挙の期日前投票を行なっています。期日前投票は7月9日20時までです。期日前投票を利用する場合は、入場整理券の裏面の「期日前投票・不在者投票請求書」に必要事項を記入し、投票用紙の交付を受けて投票してください。紛失・未着などにより入場整理券が手元にない場合は、期日前投票所に備え付けの「期日前投票請求書」に記入して投票用紙の交付を受けることができます。

投票所では、手指用消毒液の設置など新型コロナウイルス感染拡大防止に取り組んでいます。有権者の皆さまには、咳エチケット(マスク着用など)や筆記用具(鉛筆・シャープペンシルなど黒色のもの)持参などのご協力をお願いします。

期日前投票所 日時
区役所本庁舎1階 6月23日(木曜日)~7月9日(土曜日)8時30分~20時
地域交流センター上原 7月3日(日曜日)~7月9日(土曜日)8時30分~20時
幡ヶ谷社会教育館
千駄ヶ谷社会教育館
リフレッシュ氷川

令和4年6月16日 明治神宮御苑のハナショウブとスイレンが見頃を迎えます

明治神宮御苑のハナショウブとスイレンが見頃を迎えます

区の花であるハナショウブが明治神宮御苑の花菖蒲田で見頃を迎えました。4,000輪以上の美しい花々が、多くの参拝者を楽しませています。また、南池ではスイレンが美しく咲き始めており、これから見頃を迎えそうです。

令和4年6月15日 FC東京が西原小学校へオンライン訪問しました

FC東京が西原小学校へオンライン訪問しました

プロサッカークラブFC東京の選手会が主体となって、キャプテンの森重真人選手と安田虎士朗選手が西原小学校へオンライン訪問しました。
FC東京の「小学校訪問」は2008年から継続している取り組みで、23区では今回が初の試みです。
質問コーナーやじゃんけん大会を行い、最後は児童達からのサプライズプレゼントとして、運動会の応援団長だった児童二人と6年生の全児童でエールを送りました。

令和4年6月5日 渋谷おとなりサンデーの日を迎えました

渋谷おとなりサンデーの日を迎えました

「近隣の人ともっと顔見知りになる日にしよう」と、区では6月の第一日曜日を「渋谷おとなりサンデーの日(注)」と定め、地域の交流や活動を応援しています。リアル(街中)での開催が3年ぶりとなった今年、区内各地でさまざまなイベントが開かれ、たくさんの交流が生まれました。
また今年は、会場まで足を運べなくても参加できるオンライン企画として、おとなりさんとオンラインでつながる交流会や渋谷にゆかりのあるゲストを迎えたトーク番組も開催しました。

(注)フランス・パリのアパートで高齢者が孤独死してしまったことから、住民同士の顔見知りを増やそうと始まった近隣住民同士のパーティーである「隣人祭り」の渋谷版として、渋谷区でもパリと同じ都心ならではの社会的課題を解決するために、平成29年に定められました。

令和4年5月24日 B.LEAGUEシーズン終了のご挨拶にアルバルク東京に表敬訪問いただきました

B.LEAGUEシーズン終了のご挨拶にアルバルク東京に表敬訪問いただきました

(注)撮影時のみマスクを外しています。
 

B.LEAGUEプロバスケットボールチームで来シーズンから渋谷区内の代々木第一体育館を本拠地とするアルバルク東京の皆さんが、シーズン終了の挨拶に区役所を表敬訪問されました。
林 邦彦社長は、「全ての試合が拮抗したいい試合で全体的に底上げができ、最高によいシーズンでした」と振り返られ、長谷部区長は「コロナ禍でのシーズンは、急に試合が出来なくなるなど大変だったと思います。これかも変わらず強いアルバルク東京であり続けてください。」と激励しました。

令和4年5月20日 B.LEAGUE・サンロッカーズ渋谷が2021-2022シーズン終了の報告に区役所を訪れました

B.LEAGUE・サンロッカーズ渋谷が2021-2022シーズン終了の報告に区役所を訪れました

(注)撮影時のみマスクを外しています。
写真提供:サンロッカーズ渋谷

青山学院大学の青山学院記念館をホームアリーナとするサンロッカーズ渋谷は、レギュラーシーズンを33勝26敗東地区6位で終え、2021-2022シーズンの全日程を終えた報告のため、区役所に来庁されました。
クラブを経営する日立サンロッカーズの浦長瀬正一社長は、「ご支援いただきありがとうございました。来シーズンは必ずチャンピオンシップに出場できるように頑張ってまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。」とごあいさつをされました。ベンドラメ礼生選手は、「コロナの影響で試合が中止になることもあり、コンディションやモチベーションを保つのが難しかった。最終戦までもつれ、もちろん勝ちたかったが、良い試合でシーズンを終われたのは良かった。」と話されました。
長谷部区長からは、「いちファンとして楽しく、時には悔しく見ていたが、スポーツって良いねと多くの人が思ったと思う。できる限り応援させていただくので、来シーズンも頑張ってください。」とエールを送りました。
 

令和4年5月19日 株式会社やまととシブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定を締結しました

株式会社やまととシブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定を締結しました

(注)撮影時のみマスクを外しています。

区は、株式会社やまとと、地域の社会的課題を協働して解決していく「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」を締結することとし、令和4年5月19日(木曜日)、長谷部健区長と株式会社やまとの矢嶋孝行代表取締役社長が調印を行いました。
調印の際、株式会社やまとの矢嶋孝行代表取締役社長は、「連携を通して『ちがいを ちからに 変える街。渋谷区』実現にむけて、より一層地域社会の課題解決に取り組んでいく所存です。」と意気込みを語り、長谷部区長は「約50年にわたり渋谷区を拠点としてきた歴史ある企業であり、近年は独自のノウハウを活用した様々な地域貢献の取り組みにもご尽力いただいています。協定締結を契機に、より一層の連携を進めていきたいと考えています。」と話しました。
今後、この協定に基づき、次世代育成に関する支援のほか、文化振興・生涯学習に関する支援など、さまざまな分野における課題解決に協働して取り組んでいきます。

令和4年5月17日 東京都理容生活衛生同業組合より車いすが寄贈されました

東京都理容生活衛生同業組合より車いすが寄贈されました

(注)撮影時のみマスクを外しています。

令和4年5月10日にLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)にて第64回東京都理容競技大会を開催した東京都理容生活衛生同業組合より、車いす2台が寄贈されました。
東京都理容生活衛生同業組合は、BBリサイクルパートナーズと協力し、使用済みのカラー剤チューブの回収・再資源化を促進し、回収したカラー剤チューブを売却することで、車いすを購入し自治体等に寄贈しています。
長谷部区長は「区施設で有意義に活用させていただきます。ありがとうございます。」とお礼を述べました。
 

過去のしぶやフォト日記

令和4年(2022年)

令和3年(2021年)

令和2年(2020年)

令和元年(2019年)

平成30年(2018年)

平成29年(2017年)

平成28年(2016年)