しぶやフォト日記

  • 更新日:
    令和2年1月22日

【問い合わせ】広報コミュニケーション課広報係(電話:03-3463-1287、FAX:03-5458-4920)

令和2年1月13日 新成人を祝う会(成人式)が行われました

新成人を祝う会(成人式)が行われました

区内では1,604人(1月13日現在)が成人し、674人の新成人が参加しました。 LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)で初めて開催する新成人を祝う会には、晴れ着で着飾った新成人たちが同級生との再会を喜んでいました。
第1部の式典では、歌手・タレントの中川翔子さんが登壇し、ご自身の体験からどんなときも希望をもちつづけ、それを言葉にしていくことで夢をかなえられると新成人に向けてエールを送りました。また新成人の代表が20歳を迎えた決意等を語る「二十歳のメッセージ」や渋谷区吹奏楽団によるコンサート等が行われました。 第2部のアトラクションでは、新進気鋭のバンドSeven Billion Dotsによるライブが行われ、会場を盛り上げていました。
新成人の皆さんの今後の飛躍が期待されます。

令和2年1月6日 スポーツセンターに東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会区内開催競技のウォールアートが完成しました

スポーツセンターに東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会区内開催競技のウォールアートが完成しました

東京2020オリンピック開幕200日前に当たる1月6日に、区内開催競技などのウォールアートが完成しました。
スポーツセンターが、東京2020オリンピック・近代五種(馬術を除く。)の公式練習会場となることから、玄関付近の柱及び3階休憩スペースの壁面にウォールアートを施しました。 主にエントランスの柱を、区内で行われる競技のピクトグラムや東京2020大会のロゴで装飾し、3階休憩スペースにはパラアスリート(男子)の走り幅跳び(T64)と走り高跳び(T64)の世界記録(走り幅跳び:8m48cm、走り高跳び:1m92cm)を可視化したデザインが採用されています。
スポーツセンターにお越しの際は、是非ご覧いただき、皆さんの東京2020大会に対する気運の火を灯しましょう。そして、パラアスリートの記録・躍動感に触れてその迫力を感じてください。東京2020オリピック・パラリンピック競技大会を盛り上げましょう。

令和2年1月6日 名誉区民の顕彰を行いました

名誉区民の顕彰を行いました

令和元年第4回区議会定例会において、同意を得て新たに選定された松﨑キミ代さん、井上順さんに対し名誉区民の顕彰を行いました。名誉区民とは、社会の進展に卓絶した功績があった者に対してその事績を称え、区民の社会文化興隆に資することを目的に顕彰する称号です。
松﨑キミ代さんは「縁あって昭和51年から恵比寿に住んで44年になります。とてもおしゃれな渋谷の名誉区民に顕彰されることは、世界の大会で優勝して以来の名誉です。今後はこの名誉ある賞に恥じないように過ごし、渋谷区のために何らかの形でお役に立てればうれしいです。」と話し、井上順さんは「とてもうれしい気持ちでいっぱいです。1947年、富ヶ谷に生まれました。子どもの頃から見てきた渋谷は、進化・進歩の渋谷ではないかと思います。輝く渋谷、安全・安心の渋谷、そして夢と希望に膨らむ渋谷。これから少しでも渋谷のためにお役に立てればと思います。」と話していました。

令和元年12月23日 人権作文区長奨励賞の表彰式を行いました

人権作文区長奨励賞の表彰式を行いました

東京法務局・東京都人権擁護委員連合会主催「全国中学生人権作文コンテスト東京都大会」に、区立中学8校・私立中学1校からの応募作品と、個人応募2作品、あわせて1,000編以上の参加がありました。その中でも特に優秀な成績を収めた、国際問題、ヘアドネーション、パラリンピック、献眼登録などをテーマに書かれた4作品に対して、区長奨励賞を授与しました。
人権作文コンテストはこれまでも実施されていましたが、区長奨励賞の表彰は今回が初めてです。
受賞者には、長谷部区長と森下人権擁護委員から、表彰状と記念品が贈呈されました。また長谷部区長は、「ちがいを ちからに 変える街。渋谷区」にいずれもふさわしい作品であるとの祝辞を、豊岡教育長は受賞作品に対するコメントを述べました。

令和元年12月21日 河津さくらの里しぶや お餅つきと鏡餅作りを楽しみました

河津さくらの里しぶや お餅つきと鏡餅作りを楽しみました

河津さくらの里しぶやで、宿泊者と河津町の方々で一緒にお餅をつき、鏡餅づくりを楽しみました。
使用したもち米は、渋谷区民が河津町で春に田植えをし、秋に稲刈りをして収穫しましたものです。
河津町長にもご参加いただき、お餅つきの華麗な手さばきをご披露いただきました。

令和元年12月21日 サンディーがマイナンバーカードを取得しました

サンディーがマイナンバーカードを取得しました

平成31年3月6日に渋谷区の特別住民票を取得したプロバスケットボールチーム・サンロッカーズ渋谷のマスコットキャラクター「サンディー」が、マイナンバーカードを取得しました。マイナンバーのPRキャラクター「マイナちゃん」に教えてもらいながら、マイナンバーカードを作成することができました。サンディーからは「みんな、マイナンバーカードつくろ~」とコメントがありました。渋谷区でさらに多くの人がマイナンバーカードを作ってくれるように今後もマイナちゃんとサンディーがPRしていきます。 
 

令和元年12月19日 渋谷区立保育園と幼保一元化施設に100台の空気清浄機の寄付がありました

渋谷区立保育園と幼保一元化施設に100台の空気清浄機の寄付がありました

スウェーデンの空気清浄機専業メーカーであるブルーエア社と日本における同社の総代理店であるセールス・オンデマンド株式会社より、渋谷区立保育園と幼保一元化施設に通う子ども達の園内の空気環境を改善するためにと、100台の空気清浄機が寄付されることとなり、贈呈式が区役所で行われました。

ブルーエア社は、屋内の空気環境が屋外に比べ、より汚れていることに着目し、きれいな空気を子どもたちに提供するCSR活動「Clean air for children」を行っています。

贈呈式であいさつをした長谷部区長は、「大変性能の良い空気清浄機ということで、ありがたいです。屋内の空気の方が汚れているという話を聞き勉強になりました。」と感謝の言葉を述べました。

令和元年12月18日 令和元年度秋の叙勲・褒章受章者が表敬訪問されました

令和元年度秋の叙勲・褒章受章者が表敬訪問されました

令和元年秋の叙勲・褒章受章者が発表され、瑞宝双光章を木村清さんが、藍綬褒章を池川善統さんが受章されました。両氏とも、保護司として地域社会や公共の環境浄化や更生保護に永年従事した功労・功績を称えられての受章です。長谷部区長からは「どうかお身体をご自愛頂き、これからも渋谷区のためにご尽力下されば幸いです」と感謝の言葉を贈りました。

令和元年12月16日 東京ヴェルディBSに所属する、ビーチサッカー日本代表茂怜羅オズ選手が区長室を訪問しました。

東京ヴェルディBSに所属する、ビーチサッカー日本代表茂怜羅オズ選手が区長室を訪問しました。

11月21日から12月1日までパラグアイで開催されたFIFAビーチサッカーワールドカップでは、過去最高位に並ぶベスト4という好成績を残し、茂怜羅選手は同大会でゴールデンボール(大会MVP)を獲得しました。
身長190cm、体重90kgという体格を持つ同選手に対し、区長からは「背丈はとても大きいのに、腰が低くて優しい素敵な選手ですね。これからもぜひ、活躍を見せてください。」と、結果に対する祝福と今後の更なる活躍を期待する声がかけられました。

令和元年12月12日 令和元年東京都消防褒章・秋の叙勲受章者が表敬訪問されました。

令和元年東京都消防褒章・秋の叙勲受章者が表敬訪問されました。

令和元年東京都消防褒章・秋の叙勲受章者が発表され、受章者の方々が長谷部区長を訪問しました。
東京都消防褒章(藍綬褒章)は、各種団体での活動等を通じて、国や地方公共団体から依頼されて行われる公共の事務に尽力された方に贈られるもので、渋谷消防団の佐藤九十九さん、田中康夫さん、直野雅晴が受章されました。
秋の叙勲(瑞宝単光章)は、公務等に長年にわたり従事し、成績を挙げた方に贈られるもので、前渋谷消防団の五月女忠雄さんが受章されました。

過去のしぶやフォト日記

令和2年(2020年)

令和元年(2019年)

平成30年(2018年)

平成29年(2017年)

平成28年(2016年)