2022渋谷区プログラミングコンテスト受賞者が表敬訪問しました

  • 更新日:
    令和5年1月10日

区政情報/広報・区のメディア/しぶやフォト日記/令和5年1月10日 2022渋谷区プログラミングコンテスト受賞者が表敬訪問しました

(注)撮影時のみマスクを外しています。

渋谷区プログラミングコンテストは、学校教育の枠を超えて、プログラミングに触れる機会を設けることにより、子供たちの興味や関心を高めることにつなげたいという思いから、令和2年度より開催しています。

本日「2022渋谷区プログラミングコンテスト」の受賞者10人のうち8人の児童が長谷部区長と五十嵐教育長を表敬訪問し、受賞の報告がありました。

受賞者は、それぞれ作品作りのきっかけや工夫したことなどを話し、長谷部区長と五十嵐教育長からは、受賞作品についての感想や社会問題に対する鋭い視点や課外活動に自発的に根気よく取り組む姿勢などについて、賛辞と奨励の言葉が贈られました。

最初は緊張した様子の受賞者たちでしたが、自身の作品について話す時にはしっかりと自分の言葉でハキハキと紹介していました。