ピリカ自治体版「渋谷モデル」を発表しました

  • 更新日:
    令和4年7月25日

区政情報/広報・区のメディア/しぶやフォト日記/令和4年7月25日 ピリカ自治体版「渋谷モデル」を発表しました

(注)撮影時のみマスクを外しています。

株式会社ピリカが提供しているごみ拾いSNS「ピリカ(注1)」のピリカ自治体版「見える化ページ(注2)」を導入から1年たった7月25日に、1年の成果と今後の企業連携等も踏まえ、株式会社ピリカ、日本たばこ産業株式会社東京支社と共同で新たなごみ拾い支援のスタンダードとなる「渋谷モデル」構築を発表する記者発表会を行いました。
 
(注1)ごみ拾いSNS「ピリカ」
スマホ等で誰でも無料で利用できるごみ拾いSNSアプリです。
(注2)ピリカ自治体版「見える化ページ」
ごみ拾いSNS「ピリカ」のデータを活用し、今まで把握しづらかった渋谷区内での個人の清掃活動を「見える化」するウェブページです。他のユーザーに対して「ありがとう」や「コメント」を送り合うことで、励ましあうことができます。
URL:https://shibuya.city.pirika.org/

渋谷区では、「ピリカ」を使った新しい取り組み、新しい清掃活動の形の実現を目指し、これを渋谷モデルと名付けました。2021年7月のアプリ導入後、ごみ拾いの1か月当たりの参加人数が約80人から約180人へと2.5倍に増えました。

渋谷モデルの主な機能

  1. 清掃用品の貸し出しの自動化
  2. 渋谷区内を5地域に分割し、地域ごとの活動比較の可視化
  3. 落書き通報機能の追加
 

渋谷区では、ピリカ自治体版「渋谷モデル」の活用を踏まえ、街の美化推進を活性化させ、きれいなまちづくりを取り組んでまいります。