Social Kids Action Projectの最終発表が行われました

  • 更新日:
    令和3年3月30日

区政情報/広報・区のメディア/しぶやフォト日記/ Social Kids Action Projectの最終発表が行われました

このプロジェクトは、区内在住・在学の小学校4~6年生を対象に、子どもの目線でフィールドワークを通して「原宿の街をどのように変えたいか」を考え、渋谷区や渋谷区内の企業などに提案するものです。3月26日から春休みの3日間を利用して、原宿の商店街でのインタビューなどを実施し、各自でアイデアをまとめ区長へプレゼンテーションを行いました。プレゼンテーションを聞いた長谷部区長は、原宿の現状や課題を把握し、マーケティング分析までしっかりと行われた案に驚きながら、「全部のアイデアが面白く、子どもならではの視点がたくさんはいっていた」と話していました。
3日間という短い期間でしたが、考えに考え抜いて行ったプレゼンテーションを終えた子どもたちからは、「楽しかった」という言葉と笑みがこぼれていました。
 
(注)本事業は、ソーシャルディスタンスの確保や換気など新型コロナウイルス感染症対策を行った上で実施しました。また、写真撮影時のみマスクを外しています。