しぶやフォト日記 令和3年(2021年)11月

【問い合わせ】広報コミュニケーション課広報係(電話:03-3463-1287、FAX:03-5458-4920)

令和3年11月28日 渋谷区長杯第4回車いすラグビー大会を開催しました

渋谷区長杯第4回車いすラグビー大会を開催しました

令和3年11月28日(日曜日)、渋谷区長杯第4回車いすラグビー大会を開催しました。
試合は関東近郊の4チーム(AXE、BLITZ、RIZE CHIBA、TOKYO SUNS)によるトーナメント制で行われ、BLITZが優勝しました。優勝したBLITZの荒武選手は「コロナ禍の中だったが、大会を開催していただき、試合ができてよかった。」と話しました。
優勝
BLITZ 
準優勝
TOKYO SUNS  
個人賞 
ハイ:島川慎一選手(BLITZ) ミドル:今野匡人選手(TOKYO SUNS) ロー:今井友明選手(TOKYO SUNS)  
MVP賞
島川慎一選手(BLITZ)
この日は、新型コロナウイルス感染症感染防止のため、無観客開催となりましたが、マルチアングルカメラによるライブ配信を行い、多くの人が試合を視聴しました。視聴者からは「様々な角度からの映像があったのでローポインターの動きやベンチの様子など会場観戦に近い状態で楽しめた」「選手の解説や普段聞けないお話を聞く事が出来たのも面白かった」などメッセージが寄せられました。
さらに、選手を応援するため、ときわ松町会の横断幕を掲出し、会場を装飾しました。また、千駄谷小学校や渋谷区独自ボランティアのみなさまからの応援メッセージを選手に送るとともに配信で紹介しました。

令和3年11月22日 渋谷区町会連合会会長が秋の叙勲(旭日単光章)を受賞しました

渋谷区町会連合会会長が秋の叙勲(旭日単光章)を受賞しました

(注)撮影時のみマスクを外しています。

渋谷区町会連合会の小林三雄さん(笹塚上町会長)が秋の叙勲(旭日単光章)を受賞されました。旭日単光章は市町村の区域を活動範囲としている団体の長として顕著な功績を挙げた人に対する表彰です。このたびの受賞について小林さんは「大変光栄です。今後も町の活性化に努めていきたいです。」と語られました。

令和3年11月18日 在日デンマーク王国大使館との協力に関する覚書を締結しました

在日デンマーク王国大使館との協力に関する覚書を締結しました

令和3年11月18日、長谷部区長は在日デンマーク王国大使館のピーター・タクソ-イエンセン大使を訪問し、渋谷区と在日デンマーク王国大使館は相互協力に関する覚書を締結しました。
今年3月、デンマーク王国大使が長谷部区長を表敬訪問した際に、大使より、渋谷区の施策やデンマーク王国のデジタル化といった先駆的な取り組みなどを情報共有して連携を図っていきたいといった提案がありました。渋谷区としても、基本構想で掲げた未来像である「ちがいを ちからに 変える街。渋谷区」を実現し、「成熟した国際都市」を目指していく上で、渋谷区内に所在するデンマーク大使館との連携強化は大変有益なことと考え、本覚書の締結に至りました。本覚書では、相互協力に関する基本的事項として「環境、エネルギー、文化、交通インフラ、デジタル化などにおける知識や経験を相互に交換・共有することにより、両者の発展に寄与すること」を目的としています。
調印式の後に行われた長谷部区長と大使との会談では、Sustainable Development Goals(SDGs)やスタートアップ支援への取り組みなどについて意見交換が行われました。本覚書に関する、具体的な連携内容について今後検討していく予定です。

令和3年11月11日 未来に遺す「パラスポーツ×渋谷」のレガシーをテーマにトークセッションを行いました

未来に遺す「パラスポーツ×渋谷」のレガシーをテーマにトークセッションを行いました

令和3年11月11日、SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2021において、未来に遺す「パラスポーツ×渋谷」のレガシーをテーマにトークセッションを行いました。
ゲストとして、池崎大輔選手(東京2020パラリンピック 車いすラグビー 銅メダル)、大日方邦子さん(トリノ2006パラリンピック アルペンスキー 金メダル/渋谷区教育委員会 委員)、三浦裕子さん(一般社団法人日本ボッチャ協会事務局長)とともに、長谷部区長も登壇し、パラスポーツと区の今後の可能性について語りました。
トークセッションでは、東京2020大会に向けた渋谷区の取り組みについて、池崎選手から、「これまで区内小中学校などにパラ教育で訪問をしてきた。大会後に訪れた際に子どもたちから『メダル獲得おめでとう』の言葉や、手作りの金メダルをもらったことで気持ちが救われた」との言葉をいただきました。
また、今後のパラスポーツと区の関わりについて、三浦さんからは、「街中でパラスポーツができる場を作ることで、よりパラスポーツを身近に感じることができるのではないか」、大日方さんからは、「パラスポーツを通じて、子どもたちをはじめ多くの方々が『ちがい』を知るきっかけになった。パラリンピック選手村のようにだれもが多様性を認め合う街に渋谷区はなれるのではないか」と、ゲスト同士で様々な意見が交わされました。区長は、「だれもが参加しやすいパラスポーツを通じて、街・区民・企業・団体などがつながるまちづくりを目指していきたい」と意気込みを語りました。
本セッションはYouTube「渋谷区オリパラチャンネル」でアーカイブ配信をしておりますので、ぜひご覧ください。

令和3年11月9日 渋谷区青少年対策地区委員が令和3年度東京都青少年健全育成功労者として表彰されました

渋谷区青少年対策地区委員が令和3年度東京都青少年健全育成功労者として表彰されました

(注)撮影時のみマスクを外しています。

東京都青少年健全育成功労者とは、青少年の健全育成のために積極的に活動し、また青少年問題に対する施策の促進に功労した方をたたえるものです。令和3年度渋谷区からは、青少年対策初台地区委員会の石田美家子さんが表彰され、都庁での表彰後に、長谷部区長を表敬訪問されました。石田さんは長年にわたる功績について「自分でも楽しんで子どもたちと活動しています。」と振り返られ、区長からはこれまでの活動に対する感謝の言葉と、「引き続きよろしくお願いいたします。」と述べました。