しぶやフォト日記 令和3年(2021年)10月

【問い合わせ】広報コミュニケーション課広報係(電話:03-3463-1287、FAX:03-5458-4920)

令和3年10月29日 こくみん共済coopとシブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定を締結しました

こくみん共済coopとシブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定を締結しました

(注)撮影時のみマスクを外しています。
 
区は、代々木に本部があるこくみん共済coop〈全労済〉(全国労働者共済生活協同組合連合会)と、地域の社会的課題を協働して解決していく「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」を締結することとし、10月29日(金曜日)、長谷部区長とこくみん共済coopの廣田政巳代表理事理事長が調印を行いました。
 
調印の際、長谷部区長は「多様化する社会のニーズに対して、行政だけでは解消できない課題も多々生じている。地域の企業・ステークホルダーの皆さまとタッグを組みながら、さまざまな知見をいただいて、ともに課題に挑んでいきたい。」と話し、こくみん共済coopの廣田代表理事理事長は、「これまで、渋谷区の後援をいただきながら防災・減災の啓発活動『もしもプロジェクト渋谷』を進めてきた。この協定を機に、さらに協力関係を深め、さまざまな社会課題への対応を図り、全国に広く展開していきたい。」と意気込みを語っていました。今後、この協定に基づき、防災・減災に関する支援のほか、次世代育成や環境保全に関する支援など、さまざまな分野における課題解決に協働して取り組んでいきます。

令和3年10月25日 一般社団法人渋谷ユナイテッドの第1回理事会を行いました

一般社団法人渋谷ユナイテッドの第1回理事会を行いました

(注)撮影時のみマスクを外しています。

シブヤ「部活動改革」プロジェクトと題して、生徒のニーズを踏まえた各校合同の運動部・文化部の設置など渋谷ならではの部活動改革を推進するため、令和3年10月8日に「一般社団法人渋谷ユナイテッド」を設立しました。そして、10月25日に第1回理事会を行い、理事会の運営に関する取り決めや今後の方針などについて話し合いました。
一般社団法人渋谷ユナイテッドは、「渋谷に住む人・渋谷で働く人・渋谷で学ぶ人・渋谷が好きな人など渋谷民の誰もが、スポーツや文化活動を楽しくする・見る・支える・つながる経験を通して、生涯に渡り、心身の健康増進をする取組や環境を創ること」を目指していきます。
今年度は、区立中学校部活動支援として11月から、サッカー・ボウリング・ダンス・パソコンなど9種目の試行事業を渋谷区内の小中学校や施設で実施していきます。

令和3年10月22日 アイルランド大使におうちで本場のハロウィーンの楽しみ方について教えていただきました

アイルランド大使におうちで本場のハロウィーンの楽しみ方について教えていただきました

ハロウィーンは、秋の収穫を祝うアイルランド・ケルト人のお祭りから始まったと言われています。ハロウィーン発祥の地、アイルランドの大使に公邸へお招きいただき、「おうちで本場のハロウィーンの楽しみ方」を教えていただきました。

指輪など様々なものを中に仕込んで焼き上げた「バーンブラック」というハロウィーン用のフルーツケーキで、占いを兼ねた楽しいアフタヌーンティや、アイルランドスタイルの落語怪談を披露いただきました。その他、ハロウィーンならではのお子様向けのアートや工作などアクティビティもご紹介いただきました。

アイルランド大使から、ジャック・オー・ランタンはもともとはカブをくりぬいていたが、アメリカにはカブがなく、カボチャで代用したことや、仮装は死者に間違って連れていかれないように死者の仮装をしたことが始まりというお話をうかがい、時代とともに変化してきたハロウィーンに思いを馳せました。

大使と区長は、「ハロウィーンが変化したことからも、日本でのハロウィーンも本来の姿を理解しながら、あらたな楽しみ方を一緒に考えていきたい」と話しました。

令和3年10月21日 長谷部区長が期日前投票を行いました

長谷部区長が期日前投票を行いました

10月21日(木曜日)、長谷部区長が10月31日に行われる衆議院議員選挙の期日前投票を区役所1階ロビーで行いました。
期日前投票は10月20日より区役所1階で行えるほか、10月24日(日曜日)からは地域交流センター上原、幡ヶ谷社会教育館、千駄ヶ谷社会教育館、リフレッシュ氷川でも期日前投票が可能になります。いずれの投票所も8時30分から20時まで投票可能になっていますのでご利用ください。

令和3年10月20日 障がいのある新成人を対象とした和装での「ハタチ記念撮影会」が行われました

障がいのある新成人を対象とした和装での「ハタチ記念撮影会」が行われました

全国に着物専門店を展開する株式会社やまと(渋谷区千駄ヶ谷)とヘアメイク&ネイル専門店の株式会社アトリエはるか(渋谷区渋谷)が協働して、振袖や紋付羽織袴の着用が難しい障がいのある新成人(2021、2022成人式)の方々を対象に、やまと考案のユニバーサルデザインの振袖や袴を身に着けての「ハタチ記念撮影会」が、ルアール東郷(東郷神社内)で行われました。
 
この記念写真撮影会は初めての取り組みとして10月14日と20日の2回にわけて行われ、12名の方々が参加しました。今回の参加者は、区の障がい者手帳所持者を対象に、今年すでに成人式を迎えられた方々と来年迎える方々に区から通知を送り、応募をされた皆さまです。参加費は無料で、記念写真も無料で送られるとのことです。
 
当日用意された着物はすべて、参加者自身が選んだ反物で、その人にあわせて仕立てられたものです。やまと考案のユニバーサルデザインの着物は、スナップやファスナーなどを使用して上下がセパレートするなど、着付けの負担軽減や軽量化が図られており、障がいの有無に関わらず、誰もが身に付けやすい着物に仕立てられています。
 
参加された当事者の保護者からは、子育ては大変だったが、二十歳の節目に記念となる思い出が作れて感激した、いろいろなことを思い出して感慨深いものになった、などの声が寄せられ、笑顔あふれる素敵な撮影会となりました。

令和3年10月20日 衆議院議員選挙の期日前投票が始まりました

衆議院議員選挙の期日前投票が始まりました

10月20日(水曜日)から区役所本庁舎1階で、衆議院議員選挙の期日前投票を行なっています。期日前投票は10月30日20時までです。期日前投票を利用する場合は、入場整理券の裏面の「期日前投票・不在者投票請求書」に必要事項を記入し、投票用紙の交付を受けて投票してください。紛失・未着などにより入場整理券が手元にない場合は、期日前投票所に備え付けの「期日前投票請求書」に記入して投票用紙の交付を受けることができます。
今回の選挙では、手指用消毒液の設置など新型コロナウイルス感染拡大防止に取り組んでいます。有権者の皆さまには、咳エチケット(マスク着用など)や筆記用具(鉛筆・シャープペンシルなど黒色のもの)持参などのご協力をお願いします。

期日前投票所 日時
区役所本庁舎1階 10月20日(水曜日)~10月30日(土曜日)8時30分~20時
地域交流センター上原 10月24日(日曜日)~10月30日(土曜日)8時30分~20時
幡ヶ谷社会教育館
千駄ヶ谷社会教育館
リフレッシュ氷川

令和3年10月7日 パラバドミントン日本代表 梶原大暉選手、村山浩選手、藤原大輔選手が表敬訪問されました

パラバドミントン日本代表 梶原大暉選手、村山浩選手、藤原大輔選手が表敬訪問されました

令和3年10月7日、東京2020パラリンピック競技大会から正式競技に採用されたバドミントンで、初代メダリストとなった梶原大暉(かじわらだいき)選手(男子シングルスWH2金メダル、男子ダブルスWH1-WH2銅メダル)、村山浩(むらやまひろし)選手(男子ダブルスWH1-WH2銅メダル)、藤原大輔(ふじはらだいすけ)選手(ミックスダブルスSL3-SU5銅メダル)が、一般社団法人日本障がい者バドミントン連盟平野一美理事長とともに、渋谷区役所を表敬訪問されました。
梶原選手は「会場に渋谷区の小学生が観戦に来ていて、決勝を戦っているときに子どもたちの姿を見てまだ頑張れると思えた。応援のひとつひとつが自分の力になって金メダルという結果につながった」と語り、村山選手は「車いすのバドミントンで体育館を使用できないときに、渋谷区がスポーツ施設を貸してくださり、練習をすることができた。そのおかげで銅メダルを獲得することができた」と感謝の気持ちを述べました。また、藤原選手からは「これまで渋谷区内の小中学校に何度も伺い、一緒にバドミントンをすることですごく元気をもらえた。また機会があったら伺いたい」とメッセージをいただきました。
区長は「ぜひ、小中学校をまわってメダル獲得の報告をしてもらいたい。今後もパラスポーツを盛り上げるために協力していくので、パリ大会に向けて引きつづき頑張ってほしい」と激励の言葉を送りました。

令和3年10月6日 明治安田生命保険相互会社より寄付がありました

明治安田生命保険相互会社より寄付がありました

(注)撮影時のみマスクを外しています。

明治安田生命保険相互会社より、渋谷区へご寄付をいただきました。明治安田生命保険相互会社は、コロナ禍において、人と人とのつながりが希薄化することが懸念される中、地域の暮らし・健康を豊かにするため「地元の元気プロジェクト」の取り組みを展開しています。品川支社の田島裕巳支社長から寄付目録の贈呈を受けた長谷部区長は「新型コロナウイルス感染症対策に大切に活用させていただきます。」と感謝の言葉を述べました。

令和3年10月6日 「教師の日」にちなんで広尾中でセレモニーが行われました

「教師の日」にちなんで広尾中でセレモニーが行われました

「教師の日」は、子どもたちが先生たちへ、日頃の感謝の気持ちを伝える日です。
広尾中学校では昨年に引き続き生徒会が中心となり、10月6日の終業式に「教師の日」のセレモニーを行いました。各クラスの学級委員とクラス担任の先生が向かい合い、生徒会長の「先生方いつもありがとうございます。これは私たちからの感謝の気持ちです。」という言葉の後、花言葉で「感謝」を表す白い霞草の花束が、子どもたちから先生に贈呈されました。セレモニーの後は各教室でホームルームが行われており、昨年度は黒板にメッセージが書かれていましたが今年は形に残る色紙のプレゼントが送られていました。日頃の授業や部活動だけではなく、新型コロナウイルス対策への準備に対する感謝の気持ちが子どもたちから伝えられ、先生の表情がとても明るくなっている印象でした。

令和3年10月1日 「渋谷のラジオ」初のサテライトスタジオがオープンしました

「渋谷のラジオ」初のサテライトスタジオがオープンしました

渋谷のコミュニティーFM「渋谷のラジオ」初のサテライトスタジオ(ラジ公スタジオ)が、ヒカリエデッキにオープンしました。
ラジ公スタジオはヒカリエデッキとの接続部である4階北側アーバン・コアに位置し、放送スタジオにドリンクスタンドが併設されています。
ドリンクスタンドはコーヒー、ジュースなどのドリンクメニューをテイクアウトのみで販売しています。
 
10月1日に放送されたラジ公スタジオ開設記念特番には、長谷部区長が出演し、「『ラジ公スタジオ』の開設おめでとうございます。新たな渋谷の景色を望めるこの素敵な場所に、サテライトスタジオがオープンしたことで、『渋谷のラジオ』も更に新しいチャレンジをしていけるのではないかと期待が膨らみます。」とお祝いのことばを述べました。
 
年内は、「渋谷商店部 お店に行こう!(日曜日~金曜日15時)」をラジ公スタジオから生放送予定です。
 
今後は、番組と連動したミニ展示企画やワークショップの開催、区と連携した企画など、リスナーや地域住民とのコミュニケーション拠点としての活用や、企業の販促活動など要望に応じてラジ公スタジオのスペースレンタルも計画しているとのことです。
 
ヒカリエデッキに誕生した新たなコミュニケーション拠点「ラジ公スタジオ」にぜひ一度訪れてみてください。
 

  • ラジ公スタジオドリンクスタンド

    Instagram:@shiburadi_drinkstand
    URL:https://www.instagram.com/shiburadi_drinkstand/
    営業時間:火曜日~日曜日16時~20時(月曜のみ16時30分~20時)

  • 渋谷のラジオ 公式サイト

    「渋谷のラジオ」がオンラインで視聴できるようになりました。
    渋谷のラジオ公式サイトのトップページの「今すぐ聴く」をクリックするとスマートフォンやPCからオンラインで視聴可能です。
    引き続き、専用アプリでもお楽しみいただけます。
    URL:https://shiburadi.com/

令和3年10月1日 フェンシング日本代表 見延和靖選手と宇山賢選手が表敬訪問されました

フェンシング日本代表 見延和靖選手と宇山賢選手が表敬訪問されました

令和3年10月1日、東京2020オリンピック競技大会で、フェンシング史上初となる金メダルを獲得したフェンシング男子エペ団体の見延和靖(みのべかずやす)選手と宇山賢(うやまさとる)選手、公益社団法人日本フェンシング協会武井壮会長が、金メダル獲得の報告のため渋谷区役所を表敬訪問されました。
渋谷区及び渋谷区教育委員会は、2019年3月27日に公益社団法人日本フェンシング協会と相互協力に関する協定を締結しており、協定締結以降、学校訪問プロジェクトなどフェンシングを通じて様々な価値観の発見や気運醸成に取り組んでまいりました。
見延選手は「絶対に金メダルを取るという気持ちで臨んだ。皆さんの応援のおかげでフェンシング史上初の金メダルを取れて嬉しい。」と喜びを語り、宇山選手は、「初めてのオリンピックで、一番いいメダルを持ち帰れて嬉しい。これからも、渋谷区と協力しながらフェンシング普及に努め、価値を高めていきたい。」と未来への展望を語りました。武井会長は「渋谷区には、ふるさと納税をはじめ、様々な場面で皆さんに支えてもらっている。パリ大会に向けて、皆さんと一緒に金メダルを取れるように頑張っていきたい。」と3年後に向けた飛躍を表明しました。
区長は、メダル獲得の祝福と激励の言葉を送り、「学校訪問プロジェクトのおかげで、フェンシングに関心のある子どもたちが増えている。これからも協力して、フェンシングを盛り上げていきたい。」と、今後もフェンシングの普及に協力していくことを約束しました。