こくみん共済coopとシブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定を締結しました

  • 更新日:
    令和3年10月29日

区政情報/広報・区のメディア/しぶやフォト日記/こくみん共済coopとシブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定を締結しました

(注)撮影時のみマスクを外しています。
 
区は、代々木に本部があるこくみん共済coop〈全労済〉(全国労働者共済生活協同組合連合会)と、地域の社会的課題を協働して解決していく「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」を締結することとし、10月29日(金曜日)、長谷部区長とこくみん共済coopの廣田政巳代表理事理事長が調印を行いました。
 
調印の際、長谷部区長は「多様化する社会のニーズに対して、行政だけでは解消できない課題も多々生じている。地域の企業・ステークホルダーの皆さまとタッグを組みながら、さまざまな知見をいただいて、ともに課題に挑んでいきたい。」と話し、こくみん共済coopの廣田代表理事理事長は、「これまで、渋谷区の後援をいただきながら防災・減災の啓発活動『もしもプロジェクト渋谷』を進めてきた。この協定を機に、さらに協力関係を深め、さまざまな社会課題への対応を図り、全国に広く展開していきたい。」と意気込みを語っていました。今後、この協定に基づき、防災・減災に関する支援のほか、次世代育成や環境保全に関する支援など、さまざまな分野における課題解決に協働して取り組んでいきます。