絵本を寄贈いただきました

  • 更新日:
    令和3年4月27日

区政情報/広報・区のメディア/しぶやフォト日記/絵本を寄贈いただきました

(注)撮影時のみマスクを外しております。
 
4月27日(火曜日)、ダウン症についての理解を深めるためのプロジェクトを実施したメンバーが区長と教育長に報告を行いました。
このプロジェクトは、ダウン症のお子さんを育てる松原あやかさん、田邊あゆ子さん、多田暁子さんが、ダウン症や障がいについて正しい理解を子ども達に広めていきたいと考えたことがきっかけで始まりました。そこで、「あいちゃんのひみつ」というダウン症の子どもを描いた絵本を子ども達の元に届けることで、より多くの子ども達が理解を深めるきっかけになるのではないかと考えクラウドファンディングを実施、集まった資金を使って絵本およそ150冊を渋谷区立小学校等へ寄贈しました。
区長からは「多くの子供たちに読んでもらえるよう、大切に使わせていただきます。インクルーシブという考えがもっと浸透するようにできる限りのことをしていきたいと思います。」教育長からは「とても温かい本であると同時に自然に障がいについて学ぶことができる本だと感じました。子ども達の理解が深まるきっかけになると思います。」とありました。
寄贈いただいた絵本は、区立小学校や図書館等で活用させていただく予定です。