株式会社コークッキングと食品ロス削減に向けた連携協定を結びました

区政情報/広報・区のメディア/しぶやフォト日記/株式会社コークッキングと食品ロス削減に向けた連携協定を結びました

株式会社コークッキング(本社:東京都港区、代表取締役社長:川越一磨)と「渋谷区における食品ロス削減に向けた連携協定」を締結し、締結式を行いました。
株式会社コークッキングが提供するフードシェアリングサービス「TABETE(タべテ)」とは、飲食店がまだ美味しく食べられるのに「捨てざるを得ない危機」にある食事の情報を提供し、アプリを通じてユーザーが「1品」から「美味しく」「お得」に購入することによって食品ロスの危機から「レスキュー」することができる仕組み(プラットフォーム)のことです。
株式会社コークッキング川越社長からは、渋谷区におけるTABETEを利用したマッチング率(購入数/出品数)が、全国平均36%に対して約2倍の78%と安定してレスキューされるエリアであるとの説明があり、長谷部区長は興味深く聞き入っていました。この協定において、渋谷区食品ロス削減等推進店舗「シブラン三ツ星レストラン」認証店への情報提供など相互協力により食品ロス削減を推進していくことを確認しました。