令和2年8月31日 千駄谷小デザインフェンス完成記念式典が行われました

  • 更新日:
    令和2年8月31日

区政情報/広報・区のメディア/しぶやフォト日記/令和2年8月31日 千駄谷小デザインフェンス完成記念式典が行われました

来年の東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて、千駄谷小学校と東京デザイン専門学校が連携し、千駄谷小学校のフェンスを装飾した「千駄谷小デザインディフェンス」が完成しました。
デザインフェンスは、東京2020大会への思いを込めて千駄谷小の児童および千駄ヶ谷なかよし園の園児がベースとなるデザインを作り、専門学生がリデザインを施したものです。
8月31日に、千駄谷小学校で子どもたちへの初披露となる完成記念式典を行いました。式典は、ICTを活用したオンラインでの実施となり、各教室や体育館で待機する子どもたちに、「千駄谷小デザインフェンス」が映像で披露されました。区役所から長谷部区長、豊岡教育長が参加し、それぞれ児童にお祝いの言葉を贈りました。
長谷部区長は「素敵なデザインフェンスが学校にできました。コロナの影響でオリンピック・パラリンピックが延期となり、さまざまなイベントも中止となりましたが、できないことを探すのではなく、新しくできることを探して向かっていってほしいです。そのスタートして素敵な絵が装飾されたので、みなさんで素敵な2020年にしていきましょう。」と話しました。豊岡教育長が「本事業を通して学んだこと」や「誰に見てほしいか」など、質問すると「オリンピック・パラリンピックの選手や応援にきた来街者の方に見てほしい」、「おもてなしの大切さを学んだ」など多くの感想がありました。