しぶやフォト日記 平成31年(2019年)2月

【問い合わせ】広報コミュニケーション課広報係(電話:03-3463-1287、FAX:03-5458-4920)

平成31年2月26日 神宮前小学校でボッシュ株式会社によるキャリア教育支援が実施されました

神宮前小学校でボッシュ株式会社によるキャリア教育支援が実施されました


2月26日(火曜日)、神宮前小学校でボッシュ株式会社によるキャリア教育支援が実施されました。
当日はボッシュ社員の方5名にお越しいただき、ご自身の生い立ちやなぜ日本のボッシュで働いているかといったことをお話しいただきました。
その後は簡単なパネルディスカッションが行われ、自分自身がグローバルコミュニケーションで大事にしていることとして、「違う国・文化の人と接するときには、相手の話をよく聞くだけではなく、理解すること」「相手をリスペクトすること」などという話があり、また子どもたちには「ぜひ英語を勉強して、海外に出て勉強して欲しい」というメッセージが贈られました。
子どもからは「将来の夢を考える中で、なりたいものが分からず不安になることがあったけれど、今日のお話を聞いて、不安を解消できる言葉をたくさん聞くことができました。」という感想があり、みなさんのメッセージが心に響いたようでした。

平成31年2月21日 住吉りをんさんが表敬訪問されました

住吉りをんさんが表敬訪問されました


原宿外苑中学校3年生の住吉りをんさんは、2月5日に行われた全国中学校体育大会第39回全国中学校スケート大会「女子フィギュアスケート」において第一位になり、その優勝報告に来庁されました。
最初は、緊張した面持ちでしたが、スケートへの思いや、2022年の北京五輪を聞かれると自然と笑みがこぼれていました。
また普段の練習メニューなどからは日々努力していることが伺え、長谷部区長らもこれからの活躍に期待していました

平成31年2月17日 「渋谷の未来の運動会3」が開催されました

「渋谷の未来の運動会3」が開催されました

2月17日(日曜日)、「未来の渋谷の運動会3」が渋谷区立笹塚小学校の体育館で開催されました。
これは「ササハタハツ運動会実行委員会」が京王電鉄株式会社や株式会社みずほ銀行と協力して主催した、運動会の種目を創り、運動会でその種目にトライするというイベントです。
参加者自身が種目を創ることで、お年寄りや運動が苦手な人など、多様な人が一緒に楽しむことを通じ、地域コミュニティの活性化を目指したものです。
当日は地元コミュニティや渋谷で働く人たちなどを中心におよそ90名が参加し、子どもから大人まで一緒になって、スティックでミニ四駆を操るリレー「DASH!!ミニ四駆リレー」や人々がスクランブル交差点の形に沿って動きながら玉入れをする「スクランブル交差玉」といったユニークな種目に取り組み、汗を流しました。
スペシャルゲストとして長谷部区長のほか、鈴木大地スポーツ庁長官、国際オリンピック委員会名誉委員の猪谷千春氏が参加し、鈴木長官からは「皆さんでつくり上げた運動会を、皆が笑顔で終えられて、本当に良かった。競技者のスポーツだけでなく、気軽に体を動かして楽しい、うれしい、ちょっと悔しいと思えるものもスポーツ。こういった活動は我々の目指すところでもあり、来年度以降ももっともっと広げてもらいたい」とコメントがありました。
渋谷区は引き続き、基本構想に掲げる『15平方キロメートルの運動場』の実現に向け、さまざまな形のスポーツ推進を目指していきます。
 
 
(注)京王電鉄株式会社と株式会社みずほ銀行は「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」を締結しています。

平成31年2月15日 フレンズ本町でダンス教室が開催されました

フレンズ本町でダンス教室が開催されました

B.LEAGUEに所属するサンロッカーズ渋谷の専属チアリーダーYOKO(ようこ)さんが講師を務めるダンス教室が開催されました。区内在住・在学の小学生を対象に、全6回から構成されるこの教室は、3月9日の青山学院記念館で行われる「サンロッカーズ渋谷対新潟アルビレックスBB戦」のハーフタイムショーで披露するために週に1回レッスンを受けています。この日は4回目とあって、参加者の動きも軽快でとても楽しそうに踊っていました。本番の堂々たるパフォーマンスが期待されます。

平成31年2月13日 渋谷区きれいなまちづくり推進協議会が行われました

渋谷区きれいなまちづくり推進協議会が行われました

区民、事業者そして区及び関係行政機関が協力し合い、きれいなまちづくりを推進するため、渋谷区きれいなまちづくり推進協議会が設置されています。この日は、「4.28渋谷区一斉清掃の日」や「条例啓発キャンペーン」の美化活動の実施結果の報告や分煙対策指導員による啓発活動の報告、きれいなまちづくり推進事業計画(案)についての審議が行われました。引き続き渋谷区きれいなまちづくり功労者、協力者の表彰式が行われ、個人として22人、団体で11団体が表彰され、長谷部区長から表彰状、丸山区議会議長から記念品が手渡されました。

平成31年2月6日 NECよりボッチャ道具一式が渋谷区に寄贈されました

NECよりボッチャ道具一式が渋谷区に寄贈されました

東京2020パラリンピック競技大会のゴールドパートナーである日本電気株式会社(NEC)より、パラリンピックの機運醸成と児童にいつでもボッチャの魅力や楽しさに触れられる環境の提供として、ボッチャ用具一式4セットが区立小学校放課後クラブに寄贈されました。
寄贈式では、日本電気株式会社執行役員の藁谷真司さんから長谷部区長にボッチャ用具一式が贈呈され、式典終了後には、寄贈されたボッチャ用具を使い、神南小学校放課後クラブの児童による競技体験会が行われました。笑顔の中にも真剣な面持ちで競技を楽しんだ子どもたちは、ボッチャに興味を持ってくれたようです。

平成31年2月4日 平成31年度渋谷区当初予算案の概要を発表しました

平成31年度渋谷区当初予算案の概要を発表しました

平成31年度渋谷区当初予算案の記者会見を区役所大集会で行いました。平成31年度の財政規模は、一般会計前年度比1.5%減の923億9,500万円となっています。主な事業として、「渋谷区子育てネウボラ」、「渋谷区こどもテーブル」、「キャッシュレス決済導入促進事業」、などの発表をしました。
「渋谷区子育てネウボラ」は、すべての妊婦に対する面接を行い、支援プランを作成して出産後の育児支援や心の健康維持を図るものです。
「渋谷区こどもテーブル」は、2019年3月「景丘の家」を開設し、食事を共有する場の提供や、居場所づくりや学習支援等を通して、多世代と交流しながら子どもたちを地域で支える活動の強化を図るものです。
「キャッシュレス決済導入促進事業」は、東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた外国人観光客の受入環境の整備及び商店街活性化のため、商店街等におけるキャッシュレス決済の導入を促進するものです。
本予算案は、誰もが自分らしく生きられる共助社会・共生社会の実現を基本とし、防災・防犯・環境分野に重点を置きつつ、子育て支援・教育・福祉施策の充実、未来への活力と新たな魅力創出につながる街づくりの推進を重点課題として編成しています。詳しい内容は、平成31年度渋谷区当初予算案の概要をご覧ください。