しぶやフォト日記 平成30年(2018年)10月

【問い合わせ】広報コミュニケーション課広報広聴係(電話:03-3463-1287、FAX:03-5458-4920)

平成30年10月25日 平成30年度東京都青少年・治安対策本部長賞受賞者が表敬訪問されました

東京都青少年・治安対策本部長賞受賞者と区長の写真

青少年・治安対策本部長賞は、地域の各種防犯活動に積極的に取り組み、安全で安心なまちづくりに貢献した団体や、永きにわたり地域の安全安心に関する取り組みに尽力した方をたたえるものです。渋谷区からは団体として幡ヶ谷中町町会が、個人として光山和德さんが受賞されました。

平成30年10月24日 平成30年度東京都消防褒賞受賞者が表敬訪問されました

消防団員と区長の写真

東京都消防褒賞は長年にわたり地域防災に勤め、住民の安全確保に貢献した消防団や消防団員をたたえるものです。渋谷区からは渋谷消防団の団体賞と渋谷消防団員として第6分団分団長の黒澤恒太さん、第1分団副分団長の奈須洋子さん、第2分団部長の池谷敏夫さんが受賞されました。

平成30年10月24日 渋谷区青少年対策委員が平成30年度東京都青少年健全育成功労者として表彰されました

青少年を健全に育成するために積極的な活動、また青少年問題に対する施策の促進に功労した方をたたえるものです。渋谷区からは功労者等表彰に青少年対策地区委員会の三谷貴俊さんが受賞、協力者等表彰に石田美家子さんが授与されました。

平成30年10月23日 ハロウィーンに関する記者発表会を行いました

記者会見する長谷部区長とジブラさんの写真

区は、10月31日のハロウィーンを迎える前にハロウィーンに対する見解・対応についての記者発表会を行いました。近年、渋谷駅周辺におけるハロウィーンの盛り上がりについて、全国的な注目を集め、多くの来街者が訪れている反面、ごみの散在や騒音問題などマナーやルールを逸脱した行為は地元の住民や商店街等においては看過できない状況が続いているため、長谷部区長をはじめ、渋谷区観光大使ナイトアンバサダーのZeebraさんや大向地区町会連合会会長の大石さんとともに、「節度を持っての行動」を呼びかけました。長谷部区長は「ごみの大量発生や着替えのスペースの問題だけではなく、暴走車両や騒音で、近隣の住民に迷惑がかかっている。お客さんのモラル、マナーに期待します。できるだけ終電までに帰ってほしい。」と自粛を要請し、Zeebraさんは即興でラップを披露しつつ、「節度を持ってお店の方で盛り上がってほしい。」と続けました。
また駅周辺のコンビニエンスストアなどに酒類(瓶)の販売自粛依頼をしています。

ハロウィーンについて記者会見を行いました(Facebookページ)

平成30年10月20日 オリンピック・パラリンピック競技リアル観戦事業 ウィルチェアーラグビーを開催しました

オリンピック・パラリンピック競技リアル観戦事業 ウィルチェアーラグビーを開催しました

ウィルチェアーラグビーのリアル観戦事業を青山学院大学青山学院記念館で開催しました。オリンピック・パラリンピック競技リアル観戦事業は、区内で開催する各競技への興味・関心を高め、区民の気運醸成を図る取り組みです。
この日は、「渋谷区長杯第2回渋谷区ウィルチェアーラグビー大会」として、関東のウィルチェアーラグビーチーム、「AXE」、「BLITZ」、「RIZE CHIBA」の3チームによる試合(総当たり戦)や、世界選手権優勝報告トークショーを行い、約2,800名の方にご来場いただきました。
「ゴツッ!」と競技用車いす同士が激しくぶつかり合う音が会場に響くとともに試合は開始され、1試合目・2試合目・3試合目と白熱した戦いが行われました。ゲストとして池崎大輔選手(GIO2018IWRFウィルチェアーラグビー世界選手権 金メダリスト・大会MVP)にお越しいただき、試合を分かりやすく解説していただきました。決勝戦では、「AXE」と「RIZE CHIBA」が対戦し、50対47で「AXE」が勝利し見事優勝を飾りました。また、大会を通しての最優秀賞には羽賀理之選手(AXE所属)、次世代期待のアスリートに贈られる池崎大輔賞には小川仁士選手(BLITZ所属)が選ばれました。
試合中は、応援文化の定着を図ることを目的として、区内小中学校による応援合戦や、國學院大學全學應援團の先導の元、歓声とともに応援の声も響き渡り、会場一帯が盛り上がりをみせました。 GIO2018IWRFウィルチェアーラグビー世界選手権の優勝報告トークショーでは、優勝メンバー6人から優勝しての心境や、今後の抱負についてお話をいただきました。今井友明選手(RIZE CHIBA所属)からは、「あくまで通過点にしかすぎない、東京2020パラリンピック大会で金メダルをとりたい」と熱いメッセージをいただきました。
一日を通して、多くのボランティアの方々にご協力いただきました。また、試合後のタイヤ痕を消す清掃には地域の方々にもご協力をいただき綺麗にすることができました。ありがとうございました。

平成30年10月19日 第64回渋谷区立小学校陸上記録会で永里優季選手がゲスト参加しました

永里優季選手がゲスト参加した写真

第64回渋谷区立小学校陸上記録会に、ナイキジャパンの協力により、FIFA女子ワールドカップにも出場した永里優季選手がスペシャルゲストとして参加しました。
永里選手は、日頃から子ども達に体を動かすことの楽しさを伝えており、「子どもの頃はドロケイや缶蹴りといった外遊びを男の子達と一緒にしていました。25歳を過ぎてからは、ゴルフやテニス、スキューバダイビングといったサッカー以外の様々なスポーツにチャレンジしています。未体験のスポーツを行うたびに新しい発見があり、自分の成長を感じながら体を動かすことを楽しんでいます。」と話しました。
その後、各校の代表児童がナイキジャパンと児童健全育成推進財団が共同で開発し都内の児童館や児童青少年センターで実施されている運動遊びJUMP―JAM(ジャンジャン)のプログラムに参加し、全身を使ったじゃんけん「コーディネーションじゃんけん」や、鬼ごっこをアレンジした「レンジおに」を永里選手と一緒に行いました。普段のじゃんけんとは全く違うじゃんけんに児童達は白熱し、また「レンジおに」では「おに」になった永里選手の素早い動きに驚きながらも楽しく体を動かせたようで、参加した児童からは「初めての遊びだったけれど楽しかった。」といった感想がありました。 

平成30年10月17日 アメリカからスコット・ウィナー上院議員が表敬訪問されました

スコット・ウィナー上院議員と長谷部区長の写真

ウィナー氏はサンフランシスコLGBTコミュニティの重要なリーダーの一人で、民主党LGBTクラブ共同議長やベイエリアLGBT弁護士協会共同会長を務めるなど、LGBTの人権推進に多方面で取り組んでいる上院議員(カリフォルニア州選出)で、初来日とのことです。長谷部区長からは、多様な人たちを受け入れて発展してしてきた渋谷の歴史を引き合いに出しながら、渋谷区が成熟した国際都市になるために不可欠な課題として、LGBTに対する理解の輪を広げていった経緯を説明しました。そして最後に、渋谷区のLGBTインクルージョン推進のシンボル「レインボー・アイリス」のバッジやステッカーをプレゼントしました。

LGBTの人権問題に取り組む米国上院議員をお迎えしました(Facebookページ)

平成30年10月16日 GIO 2018 IWRF ウィルチェアーラグビー世界選手権で金メダルを獲得した日本代表選手が優勝報告に区役所を訪れました

GIO 2018 IWRF ウィルチェアーラグビー世界選手権で金メダルを獲得した日本代表選手が優勝報告に区役所を訪れました

GIO 2018 IWRF ウィルチェアーラグビー世界選手権で金メダルを獲得した日本代表の池崎大輔選手と今井友明選手が優勝報告に区役所を訪れました。盛大な拍手で迎えられ、庁舎内は和やかな雰囲気になりました。
長谷戸小学校児童からは、優勝を祝した手作りの横断幕が贈呈され、選手も「力になる。」と喜んでいました。
長谷部区長からは、「応援は渋谷区に任せて、東京2020パラリンピック競技大会でも精一杯頑張ってほしい。」と激励しました。
池崎大輔選手からは「こんなに多くの方に迎えられとても嬉しかった。東京2020パラリンピックでも金メダルを獲りたいと思っているので、今後とも応援よろしくお願いします。」と、今井友明選手からは「今回の優勝は通過点だと考え、来年渋谷区内で開催されるウィルチェアーラグビーワールドチャレンジ2019と、東京2020パラリンピックでも金メダルを獲りたいと思います。」とコメントがありました。ウィルチェアーラグビー日本代表の今後の一層のご活躍に期待しましょう。

  • ウィルチェアーラグビーワールドチャレンジ2019(会場:東京体育館)
  • 東京2020パラリンピック(会場:国立代々木競技場)

平成30年10月12日 株式会社日立サンロッカーズとシブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定を締結しました

株式会社日立サンロッカーズとシブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定を締結しました

渋谷区は、渋谷区を本拠地とするプロバスケットボールチーム「サンロッカーズ渋谷」を運営する株式会社日立サンロッカーズと、地域の社会的課題を協働して解決していく「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」を締結しました。
10月14日にホーム開幕戦の前にホームアリーナである青山学院記念館で締結を発表した際、長谷部健渋谷区長から「互いのリソースをかけあわせて、商店街の活性化などの区の課題解決に取り組んでいきたい。一緒に渋谷旋風を起こしましょう。GOサンロッカーズ!」と挨拶がありました。 今後、バスケットボールを中心とした多様なスポーツ文化の振興に関する支援など、さまざまな分野における課題解決に協働して取り組んでいきます。

バスケの街・渋谷区とサンロッカーズ渋谷が協定を締結しました!(Facebookページ)

平成30年10月11日 学校法人文化学園とシブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定を締結しました

学校法人文化学園とシブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定を締結しました

渋谷区は、区内にキャンパスがある学校法人文化学園と、地域の社会的課題を協働して解決していく「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」を締結し、長谷部健渋谷区長と大沼淳学校法人文化学園理事長が調印を行いました。
調印の際、大沼理事長からは「渋谷は昔からファッションのまちとして発展し、本学も日本のファッション拠点として一緒に成長してきた。協定に基づき渋谷区の学校としてこれからもお手伝いしていきたい」との話があり、長谷部区長からは「世界に名立たるファッションの学校と協定締結ができて心強い。互いのリソースをかけあわせて、まちづくりや教育の分野でも課題解決に挑んでいきたい。これからも渋谷の発展を応援していただければ」と話がありました。
今後、ファッション・ものづくりに関する支援や地域づくり・まちづくりに関する支援など、さまざまな分野における課題解決に協働して取り組んでいきます。

平成30年10月9日 渋谷区×ボッシュ・ジャパン S-SAP協定事業「シュトゥットガルト室内管弦楽団×ワルター・アウアー こどもテーブル チャリティーコンサート:ドイツの豊かな音楽に触れる夕べ」が開催されました

渋谷区×ボッシュ・ジャパン S-SAP協定事業「シュトゥットガルト室内管弦楽団×ワルター・アウアー こどもテーブル チャリティーコンサート:ドイツの豊かな音楽に触れる夕べ」が開催されました

渋谷区×ボッシュ・ジャパン S-SAP協定事業「シュトゥットガルト室内管弦楽団×ワルター・アウアー こどもテーブル チャリティーコンサート:ドイツの豊かな音楽に触れる夕べ」が渋谷区文化総合センター大和田・さくらホールで開催されました。
本公演は、渋谷区こどもテーブルへのチャリティーコンサートとして多くの区民を招待の上開催され、観客はリラックスしながらモーツァルトのアイネ・クライネ・ナハトムジークやバーバーの弦楽のためのアダージョなど、名曲の数々を楽しんでいたようでした。
また、同日、教育への支援の一環として、全渋谷区立中学校2年生が対象の「オーケストラ鑑賞教室」開催のほか、「フルートクリニック」として、ウィーンフィル首席ソロ・フルート奏者であるワルター・アウアー氏が中学校の部活動等でフルートを演奏している生徒たち12名に、およそ1時間にわたりレッスンを行いました。受講後、生徒からは「音の出し方など基礎を教えてもらえる機会がないので嬉しかった。」「先生の音色がきれいで驚いた。先生の音を忘れず、また自分の癖を直していきたい。」といった感想がありました。

平成30年10月9日 平成30年度東京都功労者受章者が表敬訪問されました

表彰状を持った大山惠子さんと区長の写真

本表彰は、都民の生活と文化の向上に特に功労のあった方々を表彰するものです。渋谷区からは、渋谷区茶道連盟理事長の大山惠子(芸名 大山宗寿)さんが「文化功労」として文化の振興に尽力されたことに対して受章されました。
 

平成30年10月5日 アルバルク東京からチャンピオンボールが贈呈されました

アルバルク東京からチャンピオンボールが贈呈された様子の写真

アルバルク東京を運営するトヨタアルバルク東京の林邦彦社長から昨シーズン優勝したことを記念した金色のチャンピオンボールが渋谷区に贈呈されました。アルバルク東京は先月行われたBリーグアーリーカップ関東を制したほか、FIBアジアチャンピオンズカップで準優勝しています。勢いそのままに今週末のBリーグ開幕戦の渋谷ダービーに臨めるため、今シーズンの活躍も十分に期待できます。長谷部区長からは「チャンピオンらしく戦ってほしい。」と2連覇に期待を寄せていました。
 

平成30年10月3日 サンロッカーズ渋谷から各小学校へボールが贈呈されました

サンロッカーズ渋谷からボールが贈呈されている様子の写真

サンロッカーズ渋谷を運営する日立サンロッカーズの岡章博社長からサンロッカーズ渋谷カラーである黄色のバスケットボール(5号級)が区立小学校に15個ずつ贈呈されました。この取り組みは、昨シーズンに展開した還元プログラムの一環です。また今週末にはBリーグ開幕が控えていて、開幕の相手は昨シーズンの覇者・アルバルク東京との渋谷ダービーです。長谷部区長からは「渋谷の名前を背負って大暴れしてほしい。」と激励しました。

平成30年10月1日 平成30年度東京都功労者受章者が表敬訪問されました

表彰状を持った小野寿幸さんと区長の写真

本表彰は、都民の生活と文化の向上に特に功労のあった方々を表彰するものです。渋谷区からは、渋谷センター商店街振興組合理事長の小野寿幸さんが「地域活動功労」として安全・安心なまちづくりの推進に尽力されたことに対して受章されました。

平成30年10月1日 区政功労者表彰式が行われました

区政功労者表彰式表章者集合写真

区政功労者表彰は、地域の発展を願う地道な活動や、地域における住民福祉への貢献など、功労者の顕著な功績に感謝を示し表彰するものです。今年は、各分野において、区政に貢献された24人の方々が区政功労者として表彰されました。長谷部区長からは、受章者の長年にわたる区政への貢献に対し、感謝の言葉が送られました。表彰式の終わりには、渋谷区少年少女合唱団によるお祝いの歌が披露され、素敵な合唱で表彰式に花を添えました。


平成30年9月 > 平成30年10月 > 平成30年11月