渋谷公会堂の開設日及びネーミング(通称名)が決まりました

  • 更新日:
    令和元年5月14日
 渋谷区では、あらゆる世代に多様な文化に親しむ機会を提供し、新たな文化を生み出し続けるシンボルとして、渋谷カルチャーの進化と世界への発信拠点となることを目的に、渋谷公会堂を開設いたします。
 管理運営にあたっては、指定管理者制度(指定管理者「渋谷公会堂プロジェクトチーム」)を導入し、インターネットを活用した情報発信や、チケットの電子化への対応などにより、区民等がより一層利用しやすく、愛される最先端の次世代型公共ホールを目指してまいります。
 また、ネーミングライツ(ネーミングライツ事業者(ネーミングライツプロモーションパートナー)「LINE株式会社」)の導入により、新たな財源確保を図りつつ、民間活力を効果的に活用していきます。
 この程、渋谷公会堂の開設日及びネーミングライツプロモーションパートナーによる施設のネーミング(通称名)が下記のとおり決まりましたのでお知らせいたします。

開設日

令和元年10月13日(日曜日)

ネーミング(通称名)


LINE CUBE SHIBUYA (ライン キューブ シブヤ)


 ▲ロゴ
 

指定管理者

団体名称:渋谷公会堂プロジェクトチーム
構成団体:株式会社アミューズ(代表企業)、LINE株式会社、株式会社パシフィックアートセンター
指定期間:平成31年2月1日から令和11年3月31日まで(10年2箇月)

ネーミングライツプロモーションパートナー(ネーミングライツ事業者)

企業名:LINE株式会社
命名権の使用期間:令和元年6月1日から令和11年3月31日まで(9年10箇月)
ネーミングライツ料:年額1億2,000万円(消費税相当分別途)
※施設のネーミング、命名権の使用期間、ネーミングライツ料は、最終的にはLINE株式会社との協定締結により確定いたします。

その他

こけら落とし公演として「Perfume」による公演が予定されています。公演の日程及び概要については、後日、指定管理者より発表いたします。
 

問い合わせ

文化振興課(電話:03-3463-1141、FAX:03-5458-4938)