東急株式会社と「グローバル拠点都市の形成等に関する包括連携協定」を締結しました

  • 更新日:
    令和2年8月26日

渋谷区と東急株式会社は、令和2年8月26日(水曜日)、渋谷区が提唱する「渋谷区産業・観光ビジョン」と東急株式会社が提唱する「エンタテイメントシティSHIBUYA」の実現を目的とした包括連携協定の締結に合意し、渋谷区役所にて締結式を行いました。​本協定により、産業育成・人財育成を促進し、グローバル拠点都市の形成等を図るとともに、渋谷をより国際競争力の高い都市にすることを目指します。

締結式の様子 締結式の様子

参考:リリース資料(PDF 264KB)

主旨

これまで両者は、まちの課題解決を目指し、基盤整備事業をはじめとする大規模な再開発や、官民一体で組成した「渋谷駅前エリアマネジメント」の活動、地域イベントへの参画・協力など、さまざまな分野で連携し、渋谷のまちの価値向上に取り組んできました。再開発が一つの節目を迎えたなかで、本協定の締結により、相互の知見や人的交流を活用し、ソフト面のまち づくりを連携して推進します。具体的には、区内に拠点を有するスタートアップ企業やその関連団体などと積極的に協業を行い、「人財育成」を通じたスタートアップ・エコシステムの形成を目指すほか、5Gといった新たな技術革新などを活用し、新たな社会インフラ整備を推進することで、エンタテイメント産業の「産業育成」を図ります。 また、新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、渋谷の産業の特色である観光産業・エンタテイメント産業が大きな打撃を受け、新たな形での産業観光振興が求められています。渋谷を訪れる方々が、安全・安心に、まちに滞在できるよう、両者が連携して、Withコロナ・Afterコロナに対応した新しいまちづくりに取り組みます。 両者は今後公民連携で、スタートアップ・エコシステムのさらなる発展、文化発信と産業振興を推進し、渋谷のまちの国際競争力を高めることで、世界を代表する海外都市として、グローバル拠点都市の形成を目指します。

協定の主な内容

名称 

「渋谷区産業・観光ビジョン」と「エンタテイメントシティSHIBUYA」の実現に関する包括連携協定

基本理念

渋谷区と東急は相互に協力し、渋谷区が提唱する「渋谷区産業・観光ビジョン」と東急が提唱する「エンタテイメントシティSHIBUYA」の実現を目指す。

連携協働事項

  1. グローバル拠点都市の形成に関すること
  2. 創造文化都市の実現に関すること
  3. 人財育成及び人的交流に関すること
  4. 区内に拠点を有するスタートアップ企業や、その関連団体等との協業に関すること

協定有効期間

2020年8月26日から2023年3月末日まで

具体的な取り組み分野(イメージ)

  1. 5G通信環境
    ・渋谷駅前を中心とした5G環境の面的整備
  2. エンタテイメント
    ・スタートアップ企業のもつ技術を活用し、リアルとバーチャルの融合等の with コロナ、after コロナに適 応したエンタテイメント産業の新たなあり方の実証実験の推進
  3. スタートアップ・エコシステム
    ・起業しやすい環境整備、国内外含めた情報発信
    ・スタートアップ企業の実証実験の支援