【区長メッセージ】高齢者への新型コロナワクチン接種についてご理解とご協力をお願いします

  • 更新日:
    令和3年5月11日

渋谷区では、令和3年5月10日から65歳以上(昭和32年4月1日以前生まれ)の高齢者を対象として、新型コロナウイルスワクチン接種の予約を開始いたしました。 
初回は、ワクチンの供給量が限られていたことから、ご希望された方のごく一部の予約しかお受けすることができず、また、予約開始から短時間のうちに予約の予定数に達したため、受付を終了せざるを得ませんでした。 
また、コールセンターに電話がつながりにくい状況であったこと、予約窓口では、朝早くからお出でくださった方も予約が取れないなどといったご不便をおかけしました。 

多くの区民の皆さまが感染拡大防止に熱心に取り組んでいらっしゃることに改めて感謝いたします。 
このたび、皆さまにいただいたご意見を真摯に受け止め、さらにワクチン接種に全力を傾けてまいります。ワクチンに関する情報は、今後も区ニュースやホームページで順次お伝えしていきます。 

今後、渋谷区には、5月中に区内の65歳以上の全員が1回目の接種ができる分量のワクチンが供給される見込みです。 
次回以降の予約は、5月17日(月曜日)と5月24日(月曜日)のそれぞれ9時から開始します。受付開始直後は、混雑が予想され、特に5月17日の「集団接種予約」は、ワクチン供給数に限りがありますが、5月24日の予約からは、十分なワクチンが確保されており、お近くの「個別医療機関」での接種の予約が可能となります。是非、かかりつけ医などでの接種をご検討ください。 

次回以降の予約に際し、お願いしたいことが二つあります。 
一つ目は、2回目の接種予約をなさる方は5月24日まで申し込みをお待ちいただきたいということです。 
感染拡大防止の効果を最大限に発揮するために、まず1回目の接種をより多くの方に受けていただきたいことから、2回目の予約は、予約枠が増える5月24日以降にお取りいただきますようご協力をお願いいたします。 
二つ目は、一人の方の予約について、複数の端末から同時にアクセスすることや同時に電話をかけることをお控えいただきたいということです。 
サーバーの容量とコールセンターの回線は、余裕を持って設定しておりますが、アクセスの集中により、通信速度の低下や通信事業者の通話制限が起きるためです。 

緊急事態宣言期間が延長となり、新型コロナウイルスの感染拡大傾向が続く中ではありますが、今後、順次ワクチンが供給され次第、接種できる準備は整えておりますので、どうか安心してお待ちいただきますようお願いいたします。

渋谷区長 長谷部健