不要不急な外出などの自粛を引き続きお願いいたします

  • 更新日:
    令和2年4月3日

昨日4月2日における新型コロナウイルス感染症の都内での新たな患者は97人となり、この1週間で400人以上も急増しました。渋谷区内の患者数についても合計21人となり日々増加をしております。まさに、いつ感染者の爆発的増加(オーバーシュート)が起きてもおかしくない状況です。

先週の週末も区民および来街者の皆さまに、不要不急の外出の自粛のお願いをさせていただきました。
これにつきまして、皆さまにしっかりとその主旨をご理解をいただけましたことで、週末の区内の主要な駅周辺の人通りは通常に比べて非常に少ない状況となりました。また、イベント主催者の皆さまにおかれましては、開催を自粛していただいたり、大型の商業施設や中小の店舗も休業いただくなど、感染拡大防止に効果のある対応をしていただき、関係者の皆さまの多大なご協力に対して深く感謝を申し上げます。
 
しかし、新型コロナウイルス感染症との闘いは、先が見えない状態です。これを一日も早く終息させるためには、引き続き、皆さま一人一人による感染予防の行動を継続していただくことが必要です。
明日からの週末を含め、少なくとも今月12日までは、不要不急の外出はぜひ控えていただきたいと思います。また、感染のリスクが高い「換気の悪い密閉空間」「多くの人が密集する場所」「近距離での密接した会話」という「3つの密」の条件が同時に重なる場所に行くことは避けてください。
大部分の皆さまにおかれましては、こうした行動に多大なご協力をいただいておりますが、一部、まだこの時期に、区内の飲食店などで大規模なパーティーが企画されているとの情報が、区にも多数寄せられております。
「3つの密」の条件が重なるような場所での会合、飲食、イベントの開催、大人数での宴会の開催などにつきましては、くれぐれも当面の自粛をお願いいたします。
 
「自分だけは感染しない」という根拠のない考えに基づく軽率な行動は大変危険です。ぜひ、そのような認識と行動は控えていただくとともに、「自分も感染しない」、そして「他人にも感染させない」ために、引き続き、感染拡大防止に向けてご協力くださいますよう、重ねてお願いいたします。

渋谷区長 長谷部 健