実証実験採択企業のサービスを本格実装しました

  • 更新日:
    令和3年6月29日

渋谷区は、AI×IoTを活用してあらゆる空き情報を配信するスタートアップ、株式会社バカン(東京都千代田区、代表取締役:河野剛進)のIoTサービス「VACAN AirKnock Ads(バカン エアーノックアッズ)」を、渋谷区役所庁舎1~4階に導入し、お手洗いの混雑抑止を通じて、来庁者へ快適な利用環境を提供します。

株式会社バカンのサービスの導入は、実証実験事業「Innovation for New Normal from Shibuya」を通じて応募のあった158社、うち採択を経て実証実験を実施した16社の中から、渋谷区への本格導入につながった初めての事例となります。

渋谷区は本事業を契機として、社会課題を解決するためのテクノロジー・ソリューションの実証・実装を加速させ、区民生活の向上とより一層のスタートアップ・エコシステム拠点都市としての成長を目指していきます。

【報道発表資料】実証実験採択企業のサービスを本格実装しました(PDF 673KB)

本事業に関するお問い合わせ先

渋谷区 グローバル拠点都市推進室(電話:03-3463-2369、メール:div-global@shibuya.tokyo