渋谷区とアディダス ジャパン株式会社が 「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」を締結

  • 更新日:
    令和2年2月7日

【問い合わせ】広報コミュニケーション課広報係(電話:03-3463-1287、FAX:03-5458-4920)

渋谷区(区長:長谷部健)とアディダス ジャパン株式会社(東京都港区 代表取締役社長:羽柴 慶彦 以下、アディダス ジャパン)は、令和2年2月7日(金曜日)、 民間企業や大学等の持つ技術やノウハウ を活用し、協働して地域社会の課題解決を図るための包括連携協定である「シブヤ・ソーシャル・ アクション・パートナー協定」(以下、S-SAP 協定)を締結しました。
区では、2016 年4月から S-SAP 協定を推進し、現在までに20社、8大学と締結してきました。 アディダス ジャパンは渋谷駅前の旗艦店「アディダス ブランドコアストア渋谷」を筆頭に区内 に4店展開しており、コミュニティ活動やイベントなどを積極的に開催してきました。渋谷からス ポーツの力を発信してきたアディダス ジャパンと本協定を締結することで、相互の連携をより一 層強化し、スポーツ・健康増進に関する支援や環境保全に関する支援など、さまざまな分野におけ る課題解決に協働して取り組んでいきます。
締結式の写真

アディダス ジャパンとの協定内容

渋谷区とアディダス ジャパンは、包括連携事項として以下の課題に取り組みます。具体的な内容 については、今後連携して検討し実施します。 

  1. スポーツ・健康増進に関する支援
  2. 環境保全に関する支援
  3. 次世代育成に関する支援
  4. 多様性社会(ダイバーシティ)の実現に関する支援
  5. 文化振興及び観光に関する支援
  6. 災害対策に関する支援
  7. その他、相互に連携協力することが必要と認められる支援

内容についての問い合わせ

経営企画課企画調整主査 (電話:03-3463-1191)