東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 渋谷区内開催競技等のウォールアートが完成しました

  • 更新日:
    令和2年1月23日

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開幕200日前にあたる1月6日に、渋谷区 スポーツセンターの中に区内開催競技などをモチーフとするウオールアートを設置しました。 エントランスの柱を、区内で行われる競技のピクトグラムや東京2020大会のロゴで装飾し、3階の休憩スペースには、パラアスリート(男子)の走り幅跳び(T64)と走り高跳び(T64)の世界記録 を可視化したデザインが採用されています。東京2020大会に対する気運を高めるとともに、パラアスリートの記録と迫力を実感できるアート作品となっております。。
つきましては、ご取材賜りますようご案内申し上げます。
(注)詳しくは、取材のご案内(PDF 927KB)をご覧ください。

内容

渋谷区内開催及び公式練習会場となる東京2020大会競技の躍動感を表現した、シルエット等を装飾。
オリンピック競技:ハンドボール・卓球・陸上競技・サッカー・近代五種
パラリンピック競技:車いすラグビー・卓球・バドミントン・陸上競技

 

完成日

令和2年1月6日(月曜日)

設置場所

渋谷区スポーツセンター(渋谷区西原1-40-18)
  • 玄関前柱
  • 3階休憩スペース置場所


問い合わせ

オリンピック・パラリンピック推進課(電話:03-3463-1849、FAX:03-5458-4938)