区内の一部で700MHz利用推進協会によるテレビ受信障害対策工事が実施されています

  • 更新日:
    令和元年12月2日

 【問い合わせ】700MHz(メガヘルツ)テレビ受信障害対策コールセンター(電話:0120-700-012)、携帯・IP電話は(電話:050-3786-0700)(9:00~22:00)

この工事は、携帯電話事業者が、新たに700メガヘルツ帯の周波数を用いた携帯電話システムの運用を開始する際、その電波がテレビアンテナで強く受信され、地上デジタルテレビ放送の「映像が乱れる」「映らなくなる」などの影響が発生するおそれがあるために実施されるものです。
携帯電話の新しい電波の利用が開始されるため、これらテレビ放送への影響を防止するため、テレビブースターの交換やテレビアンテナへ対策用フィルタの取り付け作業を、(一社)700MHz利用推進協議会が行なっています。
この工事に関する費用は全て(一社)700MHz利用推進協議会が負担します。
(注)工事作業者が費用を請求することは一切ありません。
訪問する工事作業者は、「テレビ受信障害対策員証」を携行しています。
不審に思われた場合は提示を求め、700MHz(メガヘルツ)テレビ受信障害対策コールセンター(電話:0120-700-012)へお問い合わせください。
(注)700MHz利用推進協会は、株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社及びソフトバンク株式会社の4社が設立した一般社団法人です。

事前工事が必要な地域へは、下記のチラシが配布されています

事前工事が必要な地域へのチラシ表事前工事が必要な地域へのチラシ裏

テレビの映像に影響が出るおそれがある地域へは、下記のチラシが令和2年1月上旬に配布されます

テレビの映像に影響が出るおそれがある地域へのチラシ表テレビの映像に影響が出るおそれがある地域へのチラシ裏

(注)チラシに記載されている電波利用の開始日【令和2年1月23日(予定)】以降でテレビ映像に影響が出た場合は、700MHz(メガヘルツ)テレビ受信障害対策コールセンター(電話:0120-700-012)、携帯・IP電話は(電話:050-3786-0700)までご連絡ください。