渋谷区新型コロナウイルス感染症対策障害要介護者緊急一時支援事業

  • 更新日:
    令和4年3月30日
【問い合わせ】障がい者福祉課福祉計画推進係(電話:03-3463-1922、FAX:03-5458-4935)

新型コロナウイルス感染拡大の影響により病床が逼迫する中、在宅の障がい者で、自身が感染して自宅療養となり生活を支援する人がいない場合や、介護者である家族などが感染して介護者がいなくなった場合には、居宅介護サービスの提供などによって日常生活を支援することが必要です。渋谷区では、そのような人を支援するための事業を実施します。

事業概要

対象

渋谷区に住所を有し、居宅で生活する介護が必要な障がい者(児)及び難病患者で、次のいずれかに該当する人

  1. 新型コロナウイルスの感染者または濃厚接触者となり、家族その他介護できる人がいない
  2. 介護する家族などが新型コロナウイルスの感染者となり、介護できる人がいない

支援内容

緊急一時居宅介護

介護者が不在の期間の生活を支えるため、居宅介護事業者を派遣します。居宅介護の利用料は無料、ただし、食費などの実費はご負担いただきます。
 

配食サービス

介護者が不在の期間の生活を支えるため、配食サービスを提供します。費用は本人負担、ただし、すでにサービスを利用している人は減免措置があります。
 

サービス利用期間

  1. 感染者または濃厚接触者となった日から、自宅療養期間または健康観察期間が終了する日まで
  2. 介護する家族などが感染者となった日から、その療養期間が終了する日まで
(注)サービス利用期間1.2.は、対象1.2.にそれぞれ対応します。

利用方法

障がい種別ごとに下記の担当にご連絡ください。

  • 身体障がい 障がい者福祉課身体福祉係 電話:03-3463-1937
  • 知的障がい 障がい者福祉課知的福祉係 電話:03-3463-1978
  • 精神障がい 障がい者福祉課精神福祉係 電話:03-3464-1905

FAXは共通:03-5458-4935

 

事業所の皆さんへ

実施フローや協力金、サービス利用料など詳しくは、障がい者福祉課福祉計画推進係にお問い合わせください。