[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成27年6月24日

1.国道246号南側のまちづくり

【問い合わせ】渋谷駅周辺整備課都市再生事業推進係(電話:03-3463-2943)

国道246号南側のまちづくり

パネル

ハチ公前広場、スクランブル交差点、公園通りなど、にぎわいのある国道246号北側に対して、国道246号南側のまちは独自の発展を遂げてきました。

南側のまちの変遷

パネル

渋谷駅周辺の都市基盤整備が進み、現在の街並みが形成されていく中で、国道246号南側のまちがどのように発展していったか、当時の写真などを振り返りながらご紹介します。

東西のまちの分断解消

パネル

今回の大規模開発に合わせて、駅とまち、まちとまちをつなぐ歩行者ネットワークを強化するため、東西通路を整備します。このパネルでは東西の分断を解消するための4本の東西通路についてご紹介します。

南北のまちの分断解消

パネル

国道246号により南北が分断されたまちを、だれもがめぐり歩いて楽しい回遊できるまちにするため、デッキと地下広場(通路)が整備されます。駅とまちとのつながりを強め、渋谷のまちづくりを支える基盤整備についてご紹介します。

南側のまちの歩行者ネットワーク

パネル

これまでご紹介してきた東西通路や国道246号の南北をつなぐデッキなどの基盤整備が進むことにより、まちの分断の解消が図られ、回遊性を高める歩行者ネットワークが構築されます。

街区再編とにぎわいの創出

パネル

桜丘町では安全で快適な歩行環境・交通環境を構築するため、市街地再開発事業による街区再編・補助18号線の整備を行います。補助18号線沿いは再開発建物の低層部と一体的なにぎわいのある歩行者空間として整備していきます。

潤いとにぎわいの創出

パネル

渋谷三丁目では地域資源である渋谷川の整備を行います。南街区の開発と一体的な整備を進めることにより、潤いとにぎわいのある水辺空間を創出します。