高齢者デジタルデバイド解消事業

  • 更新日:
    令和3年7月2日

【問い合わせ】高齢者福祉課サービス事業係(電話:03-3463-1873)

ウィズコロナ時代に求められる「新しい生活様式」では、スマートフォンなどのデジタル機器が生活の質(QOL)を向上させる重要な役割を担うことが期待されており、とりわけ高齢者のデジタルデバイド(注)解消は喫緊の課題となっています。
渋谷区では、高齢者のデジタル機器の利用を促進し支援することによりデジタルデバイドを解消し、高齢者の健康増進及び安全安心の確保につなげ、生活の質(QOL)の向上を目指すことを目的とした「高齢者デジタルデバイド解消事業」を実施します。
 
(注)インターネットやパソコンなどの情報通信技術を利用できる者と、利用できない者との間に生じる格差。

渋谷区シニアデジタルデビュー大使


令和3年4月16日(金曜日)、渋谷区名誉区民である井上順さんに、「渋谷区シニアデジタルデビュー大使」に就任していただきました。井上順さんには、渋谷区の高齢者デジタルデバイド解消事業への助言やPR活動にご協力をいただきます。
井上順さんからは、「昔から汗をかいて身体ひとつで働いてきた我々世代は機械が苦手なところがあったりします。でもこれからの日々が楽しく過ごせるように、微力ですがお力になれればと思います。」とメッセージをいただきました。
井上順さん、これからよろしくお願いします。

高齢者デジタルデバイド解消に向けた実証事業スマートフォン貸与

7月19日まで申し込みを受け付けています。詳しくは高齢者デジタルデバイド解消に向けた実証事業(スマートフォン貸与)のページをご覧ください。

なんでもスマホ相談

スマートフォンの操作に不慣れな概ね60歳以上の人を対象に、スマホに慣れ親しむための個別相談を実施しています。詳しくはなんでもスマホ相談ページをご覧ください。