企業の感染対策について

  • 更新日:
    令和3年2月4日
【問い合わせ】地域保健課感染症対策係(電話:03-3463-2416)

企業内感染の予防

新型コロナウイルス感染症の「企業内感染」が増えています。大切な従業員を守り、職場内クラスターを防ぐためにも、次のリーフレットを参考に企業内での感染を防ぎましょう。
企業内感染予防チラシ(PDF 849KB)

消毒方法について

新型コロナウイルス感染症対策に関する「拭き取り消毒実施マニュアル」を作成しました。
このマニュアルは、勤務先や事業者等の従業員やその関係者が陽性者となった際に、使用していた場所などを消毒するための手順をまとめた内容となっています。消毒作業はそれぞれ企業や施設管理者にて行なっていただくため(消毒事業者への委託含む)、必要に応じて本マニュアルをご活用ください。

拭き取り消毒実施マニュアル(PDF 246KB)

新型コロナウイルス感染症 都民向け感染予防ハンドブック

東京感染症対策センター(東京iCDC)より「新型コロナウイルス感染症 都民向け感染予防ハンドブック」が発行されました。新型コロナウイルスがどのように感染するか、感染を防ぐにはどうすればよいかなど、役立つ情報が記載されていますので、ぜひご活用ください。
内容の詳細については、新型コロナウイルス感染症 都民向け感染予防ハンドブック(東京都福祉保健局ホームページ)をご覧ください。

新型コロナウイルス感染症 都民向け感染予防ハンドブック[第1版](PDF 2,610KB)
(注)感染症対策の状況等により、ハンドブックの内容は更新される場合があります。

「換気の悪い密閉空間」の改善について

新型コロナウイルス感染症対策として、商業施設等の管理者の皆様におかれましては、次のリーフレットを参考に対応をお願いします。

「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気方法

新型コロナウイルス感染症厚生労働省対策本部が「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法についてのリーフレットを公表しました。詳しくは、厚生労働省「「換気の悪い密閉空間」を 改善するための換気の方法」チラシ(PDF 277KB)をご覧ください。

参考:東京都健康安全研究センターホームページ「相対湿度の保持について」(外部サイト)

冬場における「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気方法

「換気の悪い密閉空間」の改善と室温の低下による健康影響の防止を両立するため、次のリーフレットを参考に対応をお願いします。
厚生労働省「冬季換気リーフレット」チラシ(PDF 1,070KB)

冬のコロナ対策へのご協力をお願いします

冬は気温の低下とともに空気が乾燥し、咳やくしゃみで飛び散ったウイルスが空気中を漂う時間が長くなります。また、気温が低下すると、鼻や喉の粘膜の働きが弱くなり、ウイルスが体内に侵入しやすくなります。感染防止のため、今一度生活様式を見直し、一人ひとりの対策の徹底をお願いします。
厚生労働省「冬のコロナ対策」チラシ(PDF 1,044KB)

関連サイト:厚生労働省ホームページ「冬のコロナ対策へのご協力をお願いします」(外部サイト)

空間噴霧(ふんむ)について

世界保健機関(WHO)は、「COVID-19について、噴霧や燻蒸による環境表面への消毒剤の日常的な使用は推奨されない」という見解を発表しています。さらに、「消毒剤を人体に噴霧することは、いかなる状況であっても推奨されない。これは、肉体的にも精神的にも有害である可能性があり、感染者の飛沫や接触によるウイルス感染力を低下させることにはならない」としている。これらの国際的な知見に基づき、厚生労働省では、消毒剤や、その他ウイルスの量を減少させる物質について、人の眼や皮膚に不着したり、吸い込む恐れのある場所での空間噴霧を推奨していません。

特に、人がいる空間への次亜塩素酸ナトリウム水溶液の噴霧については、眼や皮膚に付着したり吸入したりすると危険であり、噴霧した空間を浮遊する全てのウイルスの感染力を滅失させる保証もないことから、絶対に行わないでください。

参考:厚生労働省ホームページ「新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について」(外部サイト)