事業所内で新型コロナウイルス感染症が発生した場合の対応(渋谷区内企業向け)

  • 更新日:
    令和3年9月10日

【問い合わせ】地域保健課感染症対策係(電話:03-3463-2416)

事業所内で感染者が発生した場合の対応<渋谷区内企業向け>

事業所で感染者が発生した場合(PDF490KB)をご参照ください。

1 体調不良の従業員の確認

体調不良の従業員がいる場合は、出勤せずに医療機関を受診するように勧めてください。

2 濃厚接触者の確認

  1. 感染した人の「発症日(症状が出始めた日)」を確認します。
  2. 感染した人の「感染可能期間(発症日の2日前まで)の出勤」を確認します。
    (注)感染者が無症状の場合は検査日の2日前までが感染可能期間です。
  3. 濃厚接触者を確認します。

    感染可能期間で、「濃厚接触者の定義」に該当する人がいる場合は濃厚接触者として対応をお願いします。
    「濃厚接触者の定義・対応」は、新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者対応フローチャートのページをご参照ください。

3 施設内の対応

  • 施設内の消毒

    施設内の共有部分や手が触れる可能性がある場所を消毒してください。
    消毒方法については「企業の感染対策について」ページ内の「消毒方法について」をご参考ください。

  • 喚起の実施

    1時間に2回以上、1回5分程度換気を行いましょう。
    扇風機やサーキュレーター等を合わせて利用すると効果的です。

  • 休憩時間の注意喚起

    飲食中や喫煙中等のマスクを外すタイミングでは、「距離をとる」「向かい合わない」といった点をより厳重にご注意ください。

勤務先調査

陽性者調査の中で、保健所が勤務先調査の必要があると判断した場合、電話でご連絡します。
(注)濃厚接触者がいない等、調査の必要がないと判断した場合はご連絡がない場合があります。
(注)感染拡大に伴い、調査対象優先施設(高齢者施設、障がい者施設、保育園、幼稚園、学校、医療機関への調査を優先としており、連絡がいかない場合があります。

濃厚接触者となった場合の対応

濃厚接触となった場合の対応のページをご参照ください。

よくある質問(FAQ)

Q1 企業における新型コロナウイルス感染症対策はどのようにしたらよいか。

A1 企業の感染予防方法についてのページをご確認ください。

Q2 従業員から、PCR検査で陽性になったと連絡があったらどうすればいいのか。

A2 陽性が判明した従業員が、発症する2日前以降に出勤されていた場合は、会社所在地の保健所から濃厚接触者の特定のための連絡がありますので、ご協力をお願いいたします。その際に、対応などを相談してください。
感染が確定した従業員の方が、発症する2日前から出勤されていないのであれば、保健所からの連絡はありません。今後も外出自粛や感染予防にご協力をお願いいたします。
(注)出勤していたとしても、1人で仕事をしていたなど、接触がないと判断した場合は、ご連絡がない可能性もあります。
(注)感染拡大に伴い、調査対象優先施設(高齢者施設、障がい者施設、保育園、幼稚園、学校、医療機関への調査を優先としており、連絡がいかない場合があります。

Q3 保健所からの連絡を待っている。いつ連絡が来るのか。

A3 会社への連絡の必要がある場合は、感染が判明した人の住所地の保健所から、会社所在地の保健所に連絡をし、会社への対応をお願いする流れとなっています。連絡の必要がある場合は、保健所から連絡をいたします。順番にご連絡しておりますので、少々お待ちください。ご理解いただきたくお願いいたします。
(注)感染拡大に伴い、調査対象優先施設(高齢者施設、障がい者施設、保育園、幼稚園、学校、医療機関への調査を優先としており、連絡がいかない場合があります。

Q4 感染した従業員の職場を消毒するのは、保健所なのか。

A4 原則として、会社さま、事業者さま、施設管理者さまなどで行っていただきます。
東京都のホームページをご参考に消毒を行ってください。消毒の方法などに関するアドバイスが必要な場合は、渋谷区新型コロナ相談窓口(電話:03-3463-3650)にご連絡ください。

Q5 感染者が出たことを、関係者に連絡するべきなのか。

A5 保健所が、関係者内に濃厚接触者と判断した人がいる場合は、その人への連絡が必要になります。それ以外の人に関しては、会社さまのご判断となります。

Q6 感染者が出たことを、ホームページやプレスリリースなどで公開するべきなのか。

A6  法律や規則に定めはありませんので、事業者さま、会社さまでご判断いただきます。

Q7 飲食店を経営している。感染者が出た場合、いつから営業を再開して良いのか。

A7 法律や規則に定めはありませんので、営業停止の判断および再開については、事業者さま、会社さまでご判断いただきます。

Q8 濃厚接触者とは、どう判断するのか。

A8 国立感染症研究所感染症疫学センター「新型コロナウイルス感染症患者に対する積極的な疫学調査実施要領」では次のとおり記載されています。

〈濃厚接触者の定義〉

  • 患者(確定)と同居あるいは長時間の接触(車内・航空機内等を含む)があった者
  • 適切な感染防護なしに患者を診察、看護もしくは介護をした者
  • 患者の気道分泌液もしくは体液などの汚染物に直接触れた可能性のある者
  • 手で触れることのできる距離(概ね1メートル)で、必要な感染予防なしで患者と15分以上の接触のあった者

この定義をもとに、保健所が、感染者、または家族や会社などから聞き取り調査をし、状況に応じて総合的に判断します。
 
参考:国立感染症研究所感染症疫学センターホームページ(外部サイト)

Q9 濃厚接触者とした従業員以外の従業員も自宅待機をさせたほうがよいのか。

A9 保健所から、濃厚接触者以外の人の自宅待機をお願いすることはありません。保健所から指示のない濃厚接触者以外の人の対応については、会社さまのご判断となります。

Q10 濃厚接触者の家族も自宅待機となるのか。

A10 保健所から、濃厚接触者の人と接触していた人に関して、自宅待機をお願いすることはありません。

Q11 濃厚接触者になったと従業員本人から連絡があった。保健所から連絡がないが、会社としてほかの従業員の対応などどうしたらよいか。

A11 濃厚接触者は、あくまでも感染している可能性がある人であって、感染者ではありません。したがって、保健所から濃厚接触者がいる会社さまにご連絡をすることはありません。

Q12 濃厚接触者がいることを、関係者に連絡するべきなのか。

A12 濃厚接触者は、あくまでも感染している可能性がある人であって、感染者ではありません。現時点で、感染が確定しているわけではありませんので、連絡の必要はありません。後は事業者さま、会社さまのご判断となります。

Q13 濃厚接触者となった従業員が出勤をしていた。PCR検査の結果待ちと言われているが、どうしたらいいか

A13 濃厚接触者となった人には、14日間の自宅待機をお願いしています。PCR検査の結果陰性判定が出たとしてもこの期間は変わりません。

Q14 濃厚接触者ではないが体調が悪い(熱や咳、味覚嗅覚異常があるなど)の従業員に、PCR検査を受けさせたい。

A14 まずは、日頃受診されているかかりつけ医のいる医療機関に電話でご相談ください。かかりつけ医がいない場合は、東京都発熱相談センター(電話:03-5320-4592)に連絡してください。 

Q15 従業員は会食を自粛させたほうがよいのか。

A15 会食や会議中での感染が増えていますので、人数は4人以下にする、会話中はマスクを着用するなど、事業者さま、会社さまのご判断で感染症対策に努めるようにしてください。