新型コロナウイルス感染症の対応フローチャート(渋谷区民向け)

  • 更新日:
    令和3年3月17日
【問い合わせ】地域保健課感染症対策係(電話:03-3463-2416)

感染拡大防止に向けた保健所の取り組み

感染拡大防止に向けた保健所の取り組みのフロー図、貼付のPDFも参照のこと。

新型コロナウイルス感染症 感染拡大防止に向けた保健所の取り組み(PDF 483KB)

陽性判明後の流れ<渋谷区民向け>

新型コロナウイルス感染症で、陽性と判明した際のフローチャートです。
よくある質問(FAQ)のページと併せてご覧ください。

陽性判明後の流れの図<渋谷区民向け>の図。貼付のPDFもご参照ください。

陽性判明後の流れ<渋谷区民向け>(PDF 257KB)

1 発生届

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(以下、感染症法)第12条第1項及び第14条第2項に基づき、 新型コロナウイルス感染症を診断した医師より、医療機関所在地の管轄保健所に「発生届」が出されます。

2 陽性者調査

保健所より、陽性となった患者様に電話でご連絡します。
電話で直近の行動について調査をさせて頂き、症状等に応じて療養について調整します。

ホテル療養の場合

新型コロナウイルス感染症に罹患した人のうち、入院治療が必要のない軽症者や無症状者については、東京都が用意した宿泊施設で宿泊療養をお願いしています。
持ち物等、ホテル療養のご案内は、東京都ホームページ(外部サイト)をご覧ください。

よくある質問(FAQ)

Q1 ホテル療養にかかるお金は。
A1 無料です。帰りの交通費は自己負担になります。

Q2 ホテルに入所する際の移動にかかるお金は。
A2 無料です。帰りの交通費のみ自己負担になります。

Q3 療養期間はどれくらいなのか。
A3 退所予定日は、発症日から10日経過し、かつ症状軽快後72時間経過した日となります。
(例)8月1日に発症し、8月8日までに症状軽快と確認された場合、退所日は8月11日になります。

Q4 ホテルに差し入れはできるのか。
A4 家族や知人等が直接持参する場合に限り、差し入れが可能です(宅配便不可)。
詳しくは、東京都ホームページ(外部サイト)をご参照ください。

入院の場合

新型コロナウイルス感染症に罹患し、入院治療が必要となった場合は、保健所の手配する車で病院まで移動します。詳しくは、よくある質問(FAQ)のページおよび東京都ホームページ(外部サイト)をご覧ください。

よくある質問(FAQ)

Q1 もし入院になったら、入院費はかかるのか。
A1 新型コロナウイルス感染症の治療のため入院している期間は、原則として入院医療費は無料です。また、TV利用料やパジャマ・リネン代・アメニティ代・差額ベッド代等、入院中に発生した個人の選択による出費は自己負担となります。
(注)入院している期間とは、陽性と診断された日より算定されます。

Q2 入院する際の移動にかかるお金は。
A2 無料です。保健所が手配する車で移動します。ただし、退院時は車の手配がありませんので、交通費は自己負担になります。

Q3 軽症や無症状の場合でも、陽性になったら入院しなくてはらないないのか。
A3 軽症や無症状の方は、原則としてホテル療養をご案内しております。ただし、基礎疾患等、状況が異なりますので、総合的に判断しています。

Q4 陽性が判明すると、すぐに入院しなければならないのか。
A4 医療が即座に必要と判断された場合は、すぐに入院の可能性はありますが、基礎疾患等、状況に応じて総合的に判断しています。

3 勤務先調査

勤務先で濃厚接触者が疑われる場合、保健所より勤務先に電話でご連絡します。
これ以上感染を広げないために、消毒命令を出すこともあります。

4 濃厚接触者調査

居住地の保健所より、濃厚接触者と判定された人へ、電話でご連絡します。PCR検査の受診や行動を控えていただく等、お願いをさせていただきます。

濃厚接触者対応の流れ<渋谷区民向け>

新型コロナウイルス感染症で、濃厚接触者と判明した際のフローチャートです。よくある質問(FAQ)のページと併せてご覧ください。

(注)状況により対応内容に変更が生じることがあります。
(注)PCR検査の結果、「陰性」であっても、健康観察期間に変更はありません。
(注)健康観察期間中は、不要不急の外出をお控えください。

濃厚接触者対応の流れの図<渋谷区民向け>。貼付のPDFと説明をご参照ください。

濃厚接触者対応の流れ<渋谷区民向け>(PDF 250KB)

1 発生届

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(以下、感染症法)第12条第1項及び第14条第2項に基づき、 新型コロナウイルス感染症を診断した医師より、医療機関所在地の管轄保健所に「発生届」が出されます。

2 陽性者調査

保健所より、陽性となった患者様に電話でご連絡します。
電話で直近の行動について調査をさせて頂き、症状等に応じて療養について調整します。

3 濃厚接触者対応

陽性者調査の中で、保健所が濃厚接触者に該当すると判断した人のみ、保健所より電話でご連絡をします。また、PCR検査を受診することも可能です。主な対応は次のとおりです。

  • 症状があるかどうかの確認
  • 健康観察期間のご案内
  • PCR検査を希望するかの聴取
  • 健康観察(最終接触日から14日間継続)
  • 症状出現時の相談先案内

 よくある質問(FAQ)

Q1 濃厚接触者とは、どう判断するのか。
A1 国立感染症研究所感染症疫学センター「新型コロナウイルス感染症患者に対する積極的な疫学調査実施要領」では次のとおり記載されています。
〈濃厚接触者の定義〉
・患者(確定)と同居あるいは長時間の接触(社内・航空機内等を含む)があった者
・適切な感染防護なしに患者を診察、看護もしくは介護をした者
・患者の気道分泌液もしくは体液などの汚染物に直接触れた可能性のある者
・手で触れることのできる距離(1メートル)で、必要な感染予防なしで患者と15分以上の接触のあった者
この定義をもとに、保健所が、感染者、または家族や会社などから聞き取り調査をし、状況に応じて総合的に判断します。
参考:国立感染症研究所感染症疫学センターホームページ(外部サイト)

Q2 私は濃厚接触者と言われたが、家族も自宅待機となるのか。
A2 保健所から、濃厚接触者の方と接触していた方に関して、自宅待機をお願いすることはありません。ただし、陽性となった場合は、周りにいる人が濃厚接触者になる可能性があるため、不要不急の外出を控えるようお願いをしています。

Q3 濃厚接触者ではないが体調が悪い(熱や咳、味覚嗅覚異常があるなど)ので、PCR検査を受けたい
A3 まずは、日頃受診されているかかりつけ医のいる医療機関に電話でご相談ください。かかりつけ医がいない場合は、東京都発熱相談センター(電話:03-5320-4592)に電話してください。