[ページの先頭]

[ここから本文]

容積率による建築制限

【問い合わせ】建築課審査係(電話:03-3463-2729)

容積率は、建築物の延べ面積(各階の床面積の合計)の敷地面積に対する割合です。
建築基準法第52条で定められています。

容積率の計算方法

容積率(パーセント)=延べ面積÷敷地面積×100

延べ面積についての図解

敷地に面している前面道路の幅員が12メートル未満の場合

地域別に指定している容積率以外に、下表による制限があります。

前面道路の幅員が12メートル未満の場合の容積率の計算方法
用途地域の種類 前面道路の幅員が12メートル未満の場合の容積率(パーセント)
第一種低層住居専用地域
第二種低層住居専用地域
第一種中高層住居専用地域
第二種中高層住居専用地域
第一種住居地域
第二種住居地域
準住居地域
指定容積率以下の数値で、かつ
前面道路の幅員(メートル)×0.4×100
で求めた数値以下
その他の地域 指定容積率以下の数値で、かつ
前面道路の幅員(メートル)×0.6×100
で求めた数値以下

(注)幅員が15メートル以上の道路(特定道路)に通じる幅員6メートル以上 の前面道路に接する敷地の容積率は、特定道路から70メートル以内の敷地について、上表の制限に対し緩和の 適用を受けられる場合があります。