渋谷区「交流及び共同学習」ガイドライン

  • 更新日:
    令和4年3月11日

【問い合わせ】学務課特別支援教育係(電話:03-3463-2993)


 渋谷区の特別支援教育は、すべての児童・生徒がもてる能力を十分に発揮して、将来、社会の一員として豊かな人生を生きていく基礎的な力の育成を目的としています。さらに、共生社会の形成に向けて、人種、性別、年齢、障がいの有無に関わらず、誰もが自分の能力を活かしていきいきと生きることができるよう、学校教育において、ダイバーシティ&インクルージョン教育を推進しています。
 渋谷区教育委員会では、文部科学省による「交流及び共同学習ガイド(2019年3月改訂)」を基に、「交流及び共同学習」ガイドラインを策定しました。区立小・中学校特別支援学級設置校において、通常の学級と特別支援学級(知的障害・固定学級)が行う「交流及び共同学習」を積極的に実施し、障がいの有無に関わらず「共に学び、共に育つ」体制の充実を図ります。

渋谷区「交流及び共同学習」ガイドライン(PDF 687KB)
東京都教育委員会 就学相談リーフレット




 PDFファイルを見るには、Adobe社から無償配布されている Adobe Reader などのソフトウェアが必要です。 *PDFファイルをご覧になる方法は、PDFファイルをご覧になるにはのページを参照してください