幼児教育の無償化について(保育)

  • 更新日:
    令和3年7月1日
【問い合わせ】保育課保育管理係(電話:03-3463-2483)

令和元年10月より、幼児教育の無償化が始まりました。保育施設等の手続きについて、ご案内します。

保育の必要性の認定について(保護者用)  

認可外保育施設等を利用した際に助成の対象となるためには、保育の必要性があり、区から認定されている必要があります。原則、施設等の利用開始前までに申請をしてください。手続きの詳細については、次の案内をご覧ください。

保育の必要性を証明する添付書類

保育の必要性を証明する添付書類は、認可保育所や認定こども園等の申し込みと同様です。

特記事項

  • 認可保育所・認定こども園等のお申し込み等で既に支給認定証(2号・3号認定)をお持ちの方は、申請不要です。
  • 認可保育所、認定こども園(保育部分)、地域型保育事業、渋谷区幼保一元化施設(長時間)、渋谷区立保育室等を利用している方は対象外です。無償化の対象となる3歳児クラス~5歳児クラスの保育利用料は、無料となります。令和元年10月以降の保育料については、令和元年10月の保育料改定について(認可保育園等)(PDF 161KB)をご覧ください。
  • 渋谷区幼保一元化施設(短・中時間)の令和元年10月以降の保育料については、令和元年10月の保育料改定について(幼保一元化施設 短・中時間)(PDF 767KB) をご覧ください。
  • 無償化に関する助成は、渋谷区の保育利用料の軽減に含めて助成します。具体的な助成額等については、保育利用料の軽減制度をご覧ください。
  • 育児休業中は原則対象外となり、復職する月からが認定・助成対象となります。ただし、上のお子さんが育児休業の取得前から認証保育所等を利用している場合は、上のお子さんのみ育児休業中の継続利用として認定・助成の対象となります。

確認済みの子ども・子育て支援施設等  

認可外保育施設等の確認について(事業者用)  

幼児教育無償化の対象となる認可外保育施設等の事業者は、区に「子ども・子育て支援施設等」として「確認」を受けるための申請を行う必要があります。手続きの詳細については、次の案内をご覧ください。

無償化制度全般について

内閣府から示されている情報については、次のホームページをご確認ください。