保育料

  • 更新日:
    令和元年10月3日

【問い合わせ】保育課保育管理係(電話:03-3463-2483)

保育園・認定こども園(長時間保育)・幼保一元化施設(長時間保育)の保育料について

保育園や認定こども園(長時間保育)、幼保一元化施設(長時間保育)の月額保育料は、世帯の市区町村民税の所得割額(4月から8月分の月額保育料は前年度の市区町村民税の所得割額。9月から翌年3月分の月額保育料は当年度の市区町村民税の所得割額。)の合計及び入所児童の年度の初日(4月1日)の年齢などによって決定します。

PDFファイルを見るには、Adobe社から無償配布されている Adobe Reader などのソフトウェアが必要です。
詳しくは、PDFファイルをご覧になるにはのページを参照してください。

(注)市区町村民税の所得割額は、住宅借入金等特別税額控除、寄付金税額控除、配当控除、外国税額控除、配当割額・株式等譲渡所得割額控除によって減税されている人の場合、これらの控除によって減税された金額を足し戻して計算し、月額保育料を決定します。

令和元年10月以降の保育料

令和元年9月以前の保育料

延長保育料について

区立保育園及び幼保一元化施設(長時間保育)の延長保育料は、保育所や認定こども園(長時間保育)、幼保一元化施設(長時間保育)の月額保育料と同様に算定を行います。

(注)私立保育園・認定こども園(長時間保育)の延長保育料については園で決定及び徴収を行いますので、各園に問合せてください。

認定こども園(短・中時間保育)の保育料について

令和元年10月以降、認定こども園(短・中時間保育)の保育料は無料となります。ただし、各園で定める実費徴収分や上乗せ徴収分が別途かかることがあるので、各園に問合せてください。また、預かり保育利用料の無償化の手続きについては、幼児教育の無償化について(私立幼稚園等)をご確認ください。

幼保一元化施設(短・中時間保育)について

令和元年10月以降の保育料については、令和元年10月の保育料改定について(幼保一元化施設 短・中時間)(PDF 1,118KB)をご覧ください。
無償化の手続きについては、幼児教育の無償化について(保育)をご確認ください。

保育料の支払いについて

保育園

保育料(保育園)の支払い方法については、口座振替による方法と納入通知書(納付書)による方法の2通りがありますが、区では、特別な事情がある場合を除き、原則、口座振替による納付をお願いしています。

口座振替のお手続き方法 

1.Web申込みによるお手続き方法

Web口座振替受付サービスよりお手続き可能です。(パソコン、スマートフォンでのお手続きが可能です。)
(注)「Web口座振替受付サービス」に対応する金融機関は限られています。お手続きページより対応金融機関をご確認ください。

2.依頼書によるお手続き方法
  1. 「渋谷区保育園保育料預金口座振替(自動払込)依頼書」 に 必要事項をご記入ください。                                                                                                              (注)「渋谷区保育園保育料預金口座振替(自動払込)依頼書」は区内の保育園で入手できます。区外の保育園に通われているなど、入手ができない方はご連絡ください。
    (注)使用する口座は、ご両親どちらの口座でも構いません。
  2. 金融機関窓口に届出印を持参して、手続き(確認印を受ける)をしてください。
  3. 「渋谷区保育園保育料預金口座振替(自動振込)」の「3枚目 お客様保管用」を必ず受取り、大切に保管してください。                                                                                             (注)「渋谷区保育園保育料預金口座振替(自動振込)」の「2枚目 保育課保管用」は受取らないでください。万が一、受取られた場合はご連絡ください。
     口座振替が可能な金融機関の一覧(PDF 465KB)

納入通知書及び納付書での支払い

金融機関窓口・区の各出張所・保育課の窓口でお支払いが可能です。領収証を必ず受取り、大切に保管してください。
(注)コンビニやATMではお支払いいただけませんのでご注意ください。

幼保一元化施設(長時間及び短・中時間)

保育料(幼保一元化施設)の支払い方法については、口座振替による方法(金融機関窓口での手続きが必要)と納入通知書による方法の2通りがありますが、区では、特別な事情がある場合を除き、原則、口座振替による納付をお願いしています。

口座振替のお手続き方法 

1.Web申込みによるお手続き方法

Web口座振替受付サービスよりお手続き可能です。(パソコン、スマートフォンでのお手続きが可能です。)
(注)「Web口座振替受付サービス」に対応する金融機関は限られています。お手続きページより対応金融機関をご確認ください。

2.依頼書によるお手続き方法
  1. 「幼保一元化施設保育料 幼保一元化施設スポット延長保育料口座振替(自動払込)依頼書」 に必要事項をご記入ください。                                                                                       (注)「保育料 幼保一元化施設スポット延長保育料口座振替(自動払込)依頼書」は千駄ヶ谷なかよし園及び山谷かきのみ園で入手できます。入手ができない方はご連絡ください。
    (注)使用する口座は、ご両親どちらの口座でも構いません。
  2. 金融機関窓口に届出印を持参して、手続き(確認印を受ける)をしてください。
  3. 「幼保一元化施設保育料 幼保一元化施設スポット延長保育料口座振替(自動払込)依頼書」の「3枚目 お客様保管用」を必ず受取り、大切に保管してください。
    (注)「幼保一元化施設保育料 幼保一元化施設スポット延長保育料口座振替(自動払込)依頼書」の「2枚目 保育課保管用」は受取らないでください。万が一、受取られた場合はご連絡ください。
     口座振替が可能な金融機関の一覧(PDF 465KB)

納入通知書及び納付書での支払い

金融機関窓口・区の各出張所・保育課の窓口でお支払いが可能です。領収証を必ず受取り、大切に保管してください。
(注)コンビニやATMではお支払いいただけませんのでご注意ください。

区立保育室

保育料(区立保育室)の支払い方法については、口座振替による方法と納入通知書(納付書)による方法の2通りがありますが、区では、特別な事情がある場合を除き、原則、口座振替による納付をお願いしています。

口座振替のお手続き方法 

1.Web申込みによるお手続き方法

Web口座振替受付サービスよりお手続き可能です。(パソコン、スマートフォンでのお手続きが可能です。)
(注)「Web口座振替受付サービス」に対応する金融機関は限られています。お手続きページより対応金融機関をご確認ください。

2.依頼書によるお手続き方法
  1. 「渋谷区 区立保育室保育料預金口座振替(自動払込)依頼書」 に 必要事項をご記入ください。                                                                                          (注)「渋谷区 区立保育室保育料預金口座振替(自動払込)依頼書」は区内の保育園で入手できます。区外の保育園に通われているなど、入手ができない方はご連絡ください。
    (注)使用する口座は、ご両親どちらの口座でも構いません。
  2. 金融機関窓口に届出印を持参して、手続き(確認印を受ける)をしてください。
  3. 「渋谷区 区立保育室保育料預金口座振替(自動振込)」の「3枚目 お客様保管用」を必ず受取り、大切に保管してください。                                                                         (注)「渋谷区 区立保育室園保育料預金口座振替(自動振込)」の「2枚目 保育課保管用」は受取らないでください。万が一、受取られた場合はご連絡ください。
     口座振替が可能な金融機関の一覧(PDF 465KB)

納入通知書及び納付書でのお支払い

金融機関窓口・区の各出張所・保育課の窓口でお支払いが可能です。領収証を必ず受取り、大切に保管してください。
(注)コンビニやATMではお支払いいただけませんのでご注意ください。 
 

その他

納入済証明書の発行について

口座振替でお支払いの方で納入済であることを証明する書類の発行を希望される方には「口座振替済みのお知らせ」を発行しています。ご希望の方は申請書をご記入し郵送いただくか、お電話でご連絡ください。
なお、勤め先で様式等の指定がある場合は別途ご相談ください。

保育料の寡婦(夫)控除のみなし適用について

渋谷区では認可保育施設等の保育料について、婚姻歴のないひとり親家庭を対象に、寡婦(夫)控除のみなし適用を開始します。該当する世帯は、保育課に申請いただくことで、保育料が減額される場合があります。
対象者、みなし適用の要件、申請方法等その他詳細については、保育料の寡婦(夫)控除のみなし適用(PDF 200KB)のご案内をご覧ください。

保育料の減免について

次のいずれかに該当する場合、保育料が減額又は免除される場合があります。ただし、申請が必要となります。

  • 減額の対象となる場合
    1. 保育料の納入が困難な人で「渋谷区保育料等徴収条例施行規則」第4条別表条件番号1から14までの各号に該当するとき
    2. 世帯に障害者(障害者手帳1~2級、愛の手帳1~3度又は精神障害者保健1~3級)がいるとき
    3. 小学校就学前の児童を同時に2人以上、認可保育園、認定こども園、認証保育所、私立保育室、幼保一元化施設、区立保育室、幼稚園、特定地域型保育事業所、特別支援学校幼稚部、情緒障害児短期治療施設通所部のいずれかに入園しているか、児童発達支援、医療型児童発達支援を受けている世帯で、第2子の児童が認可保育園、認定こども園(長時間保育)、幼保一元化施設(長時間保育)に在籍しているとき
  • 免除の対象となる場合
    1. 小学校就学前の児童を同時に3人以上、認可保育園、認定こども園、認証保育所、私立保育室、幼保一元化施設、区立保育室、幼稚園、特定地域型保育事業所、特別支援学校幼稚部、情緒障害児短期治療施設通所部のいずれかに入園しているか、児童発達支援、医療型児童発達支援を受けている世帯で、第3子以降の児童が認可保育園、認定こども園(長時間保育)、幼保一元化施設(長時間保育)に在籍しているとき
    2. 児童福祉法第27条第1項第3号の規定により都道府県が里親(同法第6条の4第1項に規定する里親をいう。)に委託した児童が認可保育園、認定こども園(長時間保育)、幼保一元化施設(長時間保育)に在籍しているとき
  • 減免期間
    原則として申請があった年度内に限る
  • 減免開始日
    届出の翌月(月の初日の場合はその月)から適用されます。ただし、上記「減額の対象となる場合」の4及び「免除の対象となる場合」の場合は、届出のあった年度内の該当する月の保育料すべてに適用されます。