白根記念渋谷区郷土博物館・文学館の展示会(詳細)

【問い合わせ】白根記念渋谷区郷土博物館・文学館

TRYとらい(クリックすると講座・イベント案内のページに移動します)

 

 

企画展「道具のかたち -区内出土資料からみた道具のいろいろ-」

区内の遺跡から出土した旧石器時代から江戸時代までの遺物の中から、当時の人たちが日常の生活で使用していた道具を選び、時代ごとの違いを現代の道具とも比較しながら紹介します。

鶯谷遺跡で見つかった縄文土器を埋めて使った炉
鶯谷遺跡で見つかった縄文土器を埋めて使った炉
鶯谷遺跡から出土した弥生時代の壺
鶯谷遺跡から出土した弥生時代の壺
 
企画展「道具のかたち -区内出土資料からみた道具のいろいろ-」
日時 平成30年1月30日(火曜日)~3月25日(日曜日)
問い合わせ 白根記念渋谷区郷土博物館・文学館
展示解説 2月10日(土曜日)14:00~
3月3日(土曜日)14:00~
3月25日(土曜日)14:00~

企画展「第18回渋谷現代短歌優秀作品展」

第18回渋谷現代短歌募集の優秀作品を展示します。

 
企画展「第18回渋谷現代短歌優秀作品展」
日時 平成30年4月1日(日)~4月9日(日)
問い合わせ 白根記念渋谷区郷土博物館・文学館
 

企画展 「写真展 昭和20年代の渋谷」

終戦直後の雰囲気を残す昭和20年代の渋谷の写真を紹介します。


昭和26年渋谷駅ハチ公前広場付近

昭和28年頃恋文横丁「手紙の店」
 
企画展 「写真展 昭和20年代の渋谷」
日時 平成30年4月14日(土曜日)~6月10日(日曜日)
問い合わせ 白根記念渋谷区郷土博物館・文学館
展示解説 【日時】4月21日(土) 14時~
5月19日(土) 14時~
【解説】当館学芸員
【申込み】事前申込不要
(当日14時に当館1階特別展示室にご集合ください)
  

企画展 「写真展 京王線が地下にもぐった!!」


昭和50年代に行われた京王線地下化工事、地上駅時代の幡ヶ谷駅、現在も地下に残る旧初台駅の写真などを紹介します。

昭和58年地下化工事中の初台一丁目付近

昭和53年地上駅最後の日の幡ヶ谷駅
 
企画展 「写真展 京王線が地下にもぐった!!」
日時 平成30年6月16日(土曜日)~8月5日(日曜日)
問い合わせ 白根記念渋谷区郷土博物館・文学館
 

企画展「ハチ公と忠犬ハチ公像」

渋谷駅前にある「忠犬ハチ公像」は、戦前に造られた像が戦争により供出されてしまったことから、昭和23年再建されたため、現在は2代目の像です。今年8月15日は、再建からちょうど70年となることから、それを記念して、「ハチ公と忠犬ハチ公像」の展示を開始します。
ハチ公の話は誰でも知っているようですが、実は本当のハチ公の話を知る人は少く、展示により実際を紹介すると共に、ハチ公像の初代・2代の制作秘話なども紹介します。また、「ハチ公の生みの親」と呼ばれながら一般にはあまり知られない斎藤弘吉について最近発見された資料などを展示し紹介します。また、憶測から「犬嫌いだった」などとの間違った噂を立てられるなどしがらも、生涯ハチ公を愛し支え続けた、知られざるもう一人の飼い主「坂野八重子」についても光をあてます。さらに、ヘレン・ケラーと忠犬ハチ公の意外な繋がりなども紹介します。


子犬の頃のハチ公と上野家書生

設置されたばかりのハチ公像
(現在と異なる台座)と制作者安藤士氏

 

企画展 「ハチ公と忠犬ハチ公像」
日時 平成30年8月11日(土)~10月8日(月)
講演会 「ハチ公秘話と銅像建設」
9月29日(土曜日)14:00~16:00
講師:当館学芸員
ゲスト:羽島敦子氏(現在の忠犬ハチ公像題字筆者)
往復はがきに申込者全員(2名まで)の住所・氏名・電話番号を記入の上、9月11日までに博物館へ。定員40名。応募多数の場合は抽選。
展示解説 9月8日(土曜日)14:00~
9月22日(土曜日)14:00~
10月7日(日曜日)14:00~
問い合わせ 白根記念渋谷区郷土博物館・文学館
 

特別展「作家平岩弓枝展-人と作品-」

『御宿かわせみ』シリーズなどの小説やテレビドラマ「ありがとう」など、数多くの作品を生みだしている作家・平岩弓枝氏は、渋谷区内の代々木八幡宮の宮司の家に生まれ、現在も同地で生活している、渋谷にゆかりの深い作家です。
本展示では、直筆原稿や脚本など、平岩氏より寄贈を受けた資料を中心に、平岩氏の人生と多彩な文芸活動を紹介します。

直筆原稿「白萩屋敷の月」

TBSドラマ「ありがとう第2回」脚本
 
特別展「作家平岩弓枝展―人と作品―」
日時 平成301020日(土曜日)~平成31年1月20日(日曜日)
講演会

「平岩弓枝のメッセージ―「御宿かわせみ」を中心に」

1117日(土曜日)14001600

講師:島内景二氏(電気通信大学教授)

往復はがきに申込者全員(2名まで)の住所・氏名・電話番号を記入の上、115日までに博物館へ。定員40名。応募多数の場合は抽選。
展示解説

113日(土曜日)14001430

1215日(土曜日)14001430

1月12日(土曜日)14001430
問い合わせ 白根記念渋谷区郷土博物館・文学館