ちがいをちからに変える街。渋谷区

マイポータル
  1. TOP
  2. 健康・福祉
  3. 健康・医療
  4. 健康づくり
  5. 現在のページ

熱中症に気をつけましょう

熱中症予防や対応について紹介しています。

更新日

2024年6月24日

熱中症とは

体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温を調節する機能が低下したりすることで生じる様々な症状の総称です。
熱中症は命の危険を伴うこともある病態ですが、適切な予防法を知っていれば防ぐことができます。

熱中症が起こりやすい条件

環境

気温・湿度が高い

風が弱い

日差しが強い

閉め切った室内

エアコンがない

急に暑くなった日

熱波の襲来

からだ

高齢者、乳幼児、肥満

からだに障がいのある人

持病(糖尿病、心臓病、精神疾患など)

低栄養状態

脱水状態(下痢、風邪)

体調不良(二日酔い、寝不足など)

行動

激しい運動

慣れない運動

長時間の屋外作業

水分補給がしにくい環境・状況

予防のポイント

水分・塩分補給

  • のどが渇く前にこまめに水分補給しましょう。日常生活で飲料として摂取すべき量は1日1.2リットルが目安です。(体重・運動量・環境・持病などによって異なります)
  • 運動時は0.1~0.2%程度の食塩水(水1リットルに対し1-2グラムの食塩)・スポーツドリンク・飴・タブレットなどで上手に塩分も摂取しましょう。
  • アルコールは尿の量を増やし水分排泄を促してしまうため、注意しましょう。

日常生活のポイント

行動の工夫

暑い日・暑い時間の無理な外出を控える

屋外では日陰を選んで歩く

日傘を使用する

涼しい場所で休憩・避難する

携帯型扇風機や保冷剤などのグッズを利用する

集団活動ではこまめに休憩時間を設定したり、お互いに声をかけあう

住まいの工夫

風通しを良くする

日光を遮る(すだれやカーテンの利用)

我慢せずエアコンや扇風機を利用する(室温目安は28度以下)

夕方に打ち水をする

衣服の工夫

襟元にゆとりのあるゆったりとした衣服にする

吸汗・速乾素材を選ぶ

帽子をかぶる(時々はずして、汗の蒸発を促す)

暑さ指数(WBGT)や熱中症特別警戒アラート・熱中症警戒アラートを確認しましょう

熱中症警戒アラートと熱中症特別警戒アラートの概要

熱中症警戒アラート

熱中症特別警戒アラート

発表目的

熱中症の危険性に対する気づきを促す

全ての人が、自助による個人の予防行動の実践に加えて、共助や公助による予防行動の支援

発表時間

前日午後5時頃および当日午前5時頃

前日午後2時頃

(前日午前10時頃の予測値で判断)

発表基準

都道府県内のいずれかの暑さ指数(WBGT)情報提供地点における、翌日・当日の暑さ指数が33以上となることが予測される場合

都道府県内の全ての暑さ指数(WBGT)情報提供地点において、翌日の日最高暑さ指数が35以上となることが予測される場合

暑さ指数(WBGT)や熱中症警戒アラートなどは環境省サイト(外部ページ)で確認できます。
また、メールやSNSでアラートの通知(無料)を受け取ることもできます。

令和6年度の熱中症警戒アラートおよび熱中症特別警戒アラート運用期間は4月24日(水曜日)から10月23日(水曜日)です。
詳しくは熱中症特別警戒アラートのリーフレット(環境省作成)環境省の報道発表資料(外部サイト)をご覧ください。

 暑さに備えた体づくりをしましょう

体が暑さに慣れることを暑熱順化といいます。暑熱順化が進むと、汗のかきはじめも早くなり効果的な体温調整ができるようになります。
暑熱順化は「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度の運動を継続することで獲得できます。
日頃からウォーキングなどで汗をかく習慣を身につけるのもオススメです。
暑熱順化は数日から2週間程度かかるため、無理のない範囲で行いましょう。

熱中症の症状

重症度

症状

軽症

意識ははっきりしている

手足のしびれ

めまい・立ちくらみ

筋肉のこむら返りがある

中等症

吐き気・嘔吐

頭痛

からだがだるい

意識がなんとなくおかしい

重症

意識がない

呼びかけに返事がおかしい

けいれん

まっすぐ歩けない・走れない

からだが熱い

環境省「熱中症環境保健マニュアル2022」参考

イラストで見る熱中症の応急処置

熱中症の応急処置の対応図環境省「熱中症環境保健マニュアル2022」より引用

今すぐ病院に行くか、救急車を呼ぶか迷った時の相談窓口として、「東京消防庁救急相談センター」があります。
電話での相談は#7119からつながります。詳しくは東京消防庁サイト(外部ページ)をご覧ください。

お問い合わせ

熱中症予防啓発について

地域保健課健康推進係

電話

03-3463-2412

FAX

03-5458-4937