「東京における都市計画道路の在り方に関する基本方針」を策定しました

  • 更新日:
    令和元年12月9日

【問い合わせ】道路課街路計画係(電話:03-3463-2651)

東京都と特別区および26市2町は、都市計画道路を計画的、効率的に整備するため、概ね10年間で優先的に整備すべき路線を定めた「事業化計画」を策定し、事業の推進に努めてきました。また、都市計画道路の必要性の検証を行い、廃止や縮小など、適宜都市計画道路の見直しを行ってきました。
現行の「東京における都市計画道路の整備方針(第四次事業化計画)」に基づき整備を推進することにより、都市計画の約8割が完成する一方で、優先整備路線に選定しなかった残り約2割の都市計画道路は、事業着手までに期間を要することになります。
こうしたことから、優先整備路線等を除く未着手の都市計画道路について、さらなる見直しを行うため、平成29年から東京都と特別区および26市2町は協働で調査検討を進めています。平成30年7月に中間のまとめ、令和元年7月に基本方針(案)を公表し、皆さんからのご意見を参考に検討を進め、このたび、都市計画道路の見直しに関する検証手法や個々の路線の計画変更等の対応方針を示した基本方針を策定し、令和元年11月27日に公表しました。
今後、必要な都市計画道路の整備を着実に進めると同時に、社会情勢の変化や道路に対するニーズを踏まえ、都市計画道路の不断の見直しを行っていきます。

基本方針の内容と閲覧方法