公衆浴場

  • 更新日:
    令和4年6月15日

【問い合わせ】生活衛生課環境衛生係(電話:03-3463-2287、FAX:03-5458-4943)

公衆浴場とは

公衆浴場とは、温湯、潮湯または温泉そのほかを利用して、公衆を入浴させる施設です。

普通公衆浴場

温湯などを利用し、男女各一浴室に同時に多数人を入浴させる公衆浴場であって、その利用の目的および形態が地域住民の日常生活において保健衛生上必要な施設として利用されるものです。(銭湯など)

その他の公衆浴場

普通公衆浴場以外の公衆浴場です。(健康ランドやサウナ、スポーツ施設付帯の浴場、福祉施設内の浴場、岩盤浴など)

公衆浴場の手続き

許可申請 許可に際しては、構造設備や維持管理についての基準が定められています。また、建築基準法、消防法、風営法などの関係法令にも適合していなければなりません。新たに公衆浴場を開業する場合、計画段階で保健所までご相談ください。お越しになる際は事前に担当の係あてに電話でご連絡ください。
変更 次の内容を変更した場合は、変更後10日以内に変更届を提出してください。
  • 施設名称
  • 構造設備(計画段階で保健所までご相談ください。)
  • 個人開設者の住所
  • 個人開設者の氏名
  • 法人名称
  • 法人代表者
  • 法人事務所所在地
  • 管理者
廃止(停止) 公衆浴場の営業を廃止(停止)した場合は、10日以内に廃止(停止)届を提出してください。
承継 個人で営む営業者が死亡し、その相続人が営業者の地位を承継する場合、承継の届け出をする必要があります。提出書類については、事前に相談してください。また、営業者が法人の場合で法人の合併または分割により営業者の地位を承継する場合も、承継の届け出をしてください。

公衆浴場のてびき

公衆浴場の届け出書類

許可申請 その他に添付書類が必要です。詳しくは公衆浴場のてびきをご覧ください。
変更 その他に添付書類が必要になる場合があります。詳しくは公衆浴場のてびきをご覧ください。
廃止(停止)
地位継承

PDFファイルを見るには、Adobe社から無償配布されているAdobe Readerなどのソフトウェアが必要です。 詳しくは、PDFファイルをご覧になるにはのページを参照してください。