米国における同地多発テロを糾弾する決議

 9月11日、ニューヨーク市の世界貿易センタービル及びワシントン市の国防総省等に対して行われた同時多発テロ攻撃は、米国のみならず世界の平和を破壊し、自由と民主主義に挑戦する卑劣かつ野蛮な行為であり、断じて許すことはできません。
 この事件で犠牲となられた多くの方々のご冥福を心からお祈りするとともに、ご遺族に対し心より哀悼の意を捧げるものであります。
 21世紀の今日、いまだに世界の各地で一般市民を標的とした無差別テロが頻発していることは、恒久平和を願う渋谷区民として深く憂慮するところであります。
 よって、渋谷区議会は、世界の平和を希求する全人類に敵対する今回のテロ行為を厳しく糾弾するとともに、我が国をはじめ全世界がテロ行為の根絶に向け、最善の努力をすることを強く希求するものであります。
 右、決議する。

平成13年9月25日
渋谷区議会