北朝鮮のミサイル発射に抗議する決議

 8月31日正午過ぎ、北朝鮮は弾道ミサイルを発射し、わが国三陸沖に着弾した。日本列島を横断するこの発射は、危険極まりない非友好的な行為であり、国際平和を希求する今日、断じて容認することはできない。
 北朝鮮は危機的経済状況下にあり、国際社会に食糧等の援助を求めてきたが、我が国としても人道的立場から対応してきたところである。
 今回の北朝鮮の行為は、国際世論に挑戦する無謀な行動であり、わが国の主権と安全保障、さらに東アジア全体の平和と安全にとり極めて危険な行為であり、渋谷区議会は、北朝鮮に対し、二度とかかる行為を行わぬよう、厳重に抗議するとともに、政府に対し、適切な措置を速やかに講じるよう強く求めるものである。
 右、決議する。

平成10年9月8日
渋谷区議会