パキスタンの地下核実験に抗議する決議

 貴国政府は、日本政府の強い中止要請にもかかわらず、5月28日、30日の両日に6回にもわたって地下核実験を強行した。
 これはいかなる理由があろうと、核兵器の廃絶を願う国際社会の努力を全く無視し、唯一の被爆国である我が国民の感情を逆撫でするものであり、厳しい怒りを覚える。
 広島、長崎への原爆投下は一瞬にして多くの人命を奪い、今なお、被爆者とその子孫を苦しめており、核兵器による惨禍と核実験による地球環境破壊は、人類の平和と共存できないことを証明している。
 よって、渋谷区議会はいかなる核兵器にも反対する立場から、パキスタン政府の地下核実験について、厳重に抗議するとともに、核兵器の開発を即時中止することを強く求めるものである。
 右、決議する。

平成10年6月4日
渋谷区議会