羽田空港増便による都心低空飛行計画の見直し等を国に求める意見書

 国が進めている羽田空港の機能強化に伴う新飛行計画は、私たちの頭上を低空で飛行することとなり、落下物や騒音、大気汚染など区民生活に大きな影響が想定される。
 渋谷区内では数カ所の教室型説明会が開催され、その場で多くの区民から計画に反対する声、不安の声が上がったが、国からは明確な返答が得られていない。安倍首相は平成30年1月の国会で「地元の理解を得てから実施する」と発言しているが、未だ渋谷区内では充分な理解が進んでいる状況には至っていない。
 よって渋谷区議会は国会及び政府に対し、区民の生活を守るために計画の見直し等を強く求めるものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

平成31年3月26日
渋谷区議会議長名
衆議院議長
参議院議長
内閣総理大臣
国土交通大臣 あて