こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の閉館の見直しを求める意見書

 厚生労働省は平成24年9月28日、こどもの城及び青山劇場、青山円形劇場を平成26年度末で閉館することを発表した。
 この施設では、子どもたちが楽しみながら主体的に参加できる音楽コンサートやさまざまな工作、スポーツなど工夫された多彩なプログラムがあり、子どもの豊かな成長に大きな役割を果たしており、子育ての大切な場にもなっている。
 渋谷区では、近隣の都立児童会館が閉館され、一度に二カ所の子育て施設を失うことになる。
 こどもの城は、建物の耐震性は十分あり、閉館するほど「老朽化」していない。また、渋谷区の子どもたちや父母の利用も多く、首都圏から年間80万人の子どもたちや父母が利用しており、利用者からは存続を願う声がひろがっている。
 よって、渋谷区議会は、国会及び政府に対し、こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の閉館の見直しを強く要望する。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

平成24年10月17日
渋谷区議会議長名
衆議院議長
参議院議長
内閣総理大臣
厚生労働大臣 あて