[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成29年8月30日

介護予防・日常生活支援総合事業

【問い合わせ】高齢者福祉課サービス事業係(電話:03-3463-1873)

平成28年4月から、介護予防・日常生活支援総合事業を開始しました。

介護予防・日常生活支援総合事業の概要

介護予防・日常生活支援総合事業は、区市町村が中心となって、地域の実情に応じて、住民等の多様な主体が参画し、多様なサービスを充実させることにより、地域の支え合いの体制づくりを推進し、要支援者等に対する効果的かつ効率的な支援等を可能にすることを目的としています。

総合事業は、「介護予防・生活支援サービス事業」と、「一般介護予防事業」とで構成されます。
事業の種類 対象者
介護予防・生活支援サービス事業 要支援1・2の認定を受けた人、
基本チェックリストで事業対象者と判定された人
一般介護予防事業 区内に在住する通所可能な65歳以上の人

介護予防・生活支援サービス事業では、訪問サービスと通所サービスを提供します。

これまでの要支援1・2の認定を受けた人に対して実施されていた「介護予防訪問介護(ホームヘルプ)」と「介護予防通所介護(デイサービス)」が「介護予防・生活支援サービス事業」に移行します。移行の時期については、要介護・要支援認定の更新を迎える時期によって異なります。移行後は、現在と同様のサービスのほか、区が独自に設けた緩和基準によるサービスAを実施します。なお認定更新前の人でも、希望により訪問サービスA、通所サービスAを利用することができます。
詳細はパンフレットをご覧ください。

介護予防・日常生活支援総合事業で利用できる事業所(渋谷区指定分)

(平成29年8月1日現在)

事業所評価加算対象事業所(渋谷区指定分)

(平成29年4月1日現在)

(注)都内の指定介護予防通所介護・指定介護予防通所リハビリテーション事業所については東京都福祉保健局のホームページにて確認ができます。

事業者向けの情報

介護予防・日常生活支援総合事業に関するQ&A

指定基準について

事業所評価加算の申出について

事業所評価加算の申出については、平成30年度総合事業における事業所評価加算の申出についてをご覧ください。

処遇改善加算相当について

処遇改善加算相当については、平成29年度総合事業における介護職員処遇改善加算をご覧ください。

訪問型サービスと通所型サービスのサービスコード表

訪問型サービス

総合事業移行後の人で、国基準相当訪問型サービスが必要な人については、A1又はA2コードを使用します。
区独自基準訪問型サービスAについては、A3コードを使用します。

通所型サービス

総合事業移行後の人で、国基準相当通所型サービスが必要な人については、A5又はA6コードを使用します。
区独自基準通所型サービスAについては、A7コードを使用します。

渋谷区介護予防・日常生活支援総合事業単位数マスタインタフェースcsv.形式について

総合事業サービス過誤申立書類

「介護予防ケアマネジメント手順書」

関連様式は以下のとおりです。

重要事項説明書等に記載する事項について

問い合わせ

高齢者福祉課サービス事業係(電話:03-3463-1873)

事業者指定について

事業者指定の申請をする場合は、必ず事前にご相談ください。
指定日は、月の初日です。
指定申請書類の提出期限は、指定日の3か月前末日です。ただし、東京都の指定を受けている事業所の場合は、指定日の2か月前末日です。
例:平成28年12月1日指定の場合、平成28年9月30日提出期限(東京都の指定を受けている場合は、平成28年10月31日提出期限)

指定申請書類

その他届出書類

問い合わせ

介護保険課介護給付係(電話:03-3463-2028)