[ページの先頭]

[ここから本文]

地域交流センター

【問い合わせ】地域振興課施設係(電話:03-3463-1639)

 
  • 平成28年4月1日より、地域交流センター(本町代々木の杜)を開設しました
 

地域交流センターは、ジュニアからシニアまで誰もが集い憩える場として、地域活動や世代間交流、親睦を促進するための施設です。
区内には10つの地域交流センターがあります。
団体使用施設または個人使用施設を使用できます。
各館の施設一覧は、地域交流センター 一覧表・利用案内(PDF 194KB)をご覧ください。
利用申込・空き室情報は各館へ問い合わせてください。

各施設の案内


団体使用施設を使用する

団体使用施設を使用するには団体登録が必要です。

団体登録の要件

区内在住、在学、在勤の人が主な構成員で組織・運営されている団体で、次の区分ごとの要件を満たしている団体

区分・団体の種類と要件
区分 団体の種類 団体の要件
区分1 区内の公共的団体、地縁団体、公益的団体 ・会則が確認できる
区分2 区内で活動する団体 ・5人以上で構成されている
・代表者が区内在住である
・構成員の2分の1以上が区内在住である
区分3 区内在住・在勤・在学の人で構成される団体 ・2人以上で構成されている
・代表者が区内在住・在勤・在学のいずれかである
・構成員の2分の1以上が区内在住・在勤・在学である
区分4 区分1〜3以外の団体 ・2人以上で構成されている
・代表者が区内在住・在勤・在学のいずれかである

団体登録の申請

申請時にご提出・ご提示いただくもの

  • 使用団体登録申請書(PDF 12KB)(PDFを印刷して使用できます)
  • 構成員名簿(WORD 55KB)(区分1の団体を除く)
  • 会則・規約(区分1の団体及び使用料の免除団体に該当する場合)
  • 代表者の住所等が確認できるもの(免許証、健康保険証等)
  • 団体登録調査票(受付窓口にあります)

申請場所・時間(休館日を除きます)

  • ご使用予定の地域交流センター(地域交流センター西原分室を除く)
  • 9時〜20時まで(日曜日は17時まで)

団体登録証

  • 登録を承認された団体には、後日「登録証」をお渡しします。使用申請の時は必ず、ご提示ください。
  • 登録内容に変更があった場合は、「変更届」をご提出ください。
  • 登録証の有効期限は2年間です。継続使用する場合は登録証の更新をしてください。

(注)詳しい内容は、地域交流センター 団体登録のご案内(PDF 111KB)をご覧ください。

PDFファイルを見るには、Adobe社から無償配布されている Adobe Reader などのソフトウェアが必要です。
詳しくは、PDFファイルをご覧になるにはのページを参照してください。

使用の申請

各地域交流センターの窓口で申請手続きしてください。電話での仮予約も可能です。
(注)休館日は各施設の案内をご覧ください。
(注)団体使用施設は、月4日まで使用可

窓口受付

9時〜20時
(注)日曜日(休館日を除く)の受付は17時まで
(注)使用日の2か月前の日の9時に希望が重なった場合は抽選

電話予約

10時〜20時
(注)日曜日(休館日を除く)の受付は17時まで
(注)仮予約となりますので、10日以内に窓口で申請してください。 10日を過ぎるとキャンセルとなります。

受付期間

【区分1の団体】使用日の3か月前の日〜当日
【区分2の団体】使用日の2か月前の日〜当日
【区分3の団体】使用日の2か月前の日〜当日
【区分4の団体】使用日の1か月前の日〜当日

(注)受付開始日が休館日の場合は、直後の開館日を受付開始日とします。
(注)文化ふれあい広場の午前〜午後2の使用受付は、シニア団体(区内在住で60歳以上の人で構成された団体)が優先です。 シニア団体以外は使用日の1か月前からの受付です。

支払い

申請後、3日以内に窓口または指定納入場所で使用料を納めてください。
支払い後、使用料は原則返金しません。

(注)抽選で使用が決定した場合は、その場で納めてください。
(注)申請後、3日以内に施設を使用する場合は、使用する日までに納めて下さい。

注意事項

  • 営利・営業目的の場合など、使用できない場合があります。詳しくは、各センターに確認してください。

個人使用施設を使用する

区内在住の60歳以上の人が使用できます。個人使用施設を使用するには個人登録が必要です。

個人登録の申請

申請場所

各地域交流センター

登録に必要なもの

本人確認ができるもの
(注)敬老館利用者カード、はつらつセンター利用者カードを持っている人は登録不要です。

使用の申請

申込は必要ありません。使用料は無料です。

使用料の例外

使用料の例外一覧
使用料 対象区分
全額免除
  • 区分1の団体
  • 区分2の団体で、次のすべてに該当する団体(月4回まで)
    • 10人以上で構成されている
    • 会員の3分の2以上が区内在住である
    • 一つの地域交流センターのみで活動している
5割減額
  • 区分2の団体で、全額免除の対象ではない団体
5割増額
  • 区分4の団体

(注)付帯設備使用料の全額免除・5割減額はありません。